空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。

(無題)

学校帰りの電車の中、僕の隣に座った君がいつの間にか眠ってしまっていた。
そこに僕が座っていたことに君は気づいていなさそうだった。
やっと君が隣に来たというのに、僕はひとことも話すことができないでいた。
心臓の音が君に聞こえてやしないだろうか。
電車が揺れる。君の頭がおりてきて僕の肩に来た瞬間、目を覚まして酷くいやそうな顔をした。
僕は5センチ、君のいないほうに体をずらした。君は不機嫌な顔のまま隣りの車両に行ってしまった。
ああ、君が思うより僕は僕が嫌いだよ。