空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。

(無題)

僕は今まで隠していたことを彼だけに話した。
そうして嫌われてしまえば二度と会わなくなっても後悔することはないだろうと思っていたのだ。
「なんだ、そんなことか。別にたいしたことないじゃん」
大きな手が僕の頭をなでた。
涙が出た。