空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。

(無題)

出ないってわかってるのに君の家へ電話した。
ケータイのほうが手っ取り早いのも知ってる。
でも僕がかけてるってわかったらきっと君はそのケータイを捨ててしまうんじゃないか。
だから効率悪いなぁ、と思いながら普通に電話するのだ。