空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。

今週のお題「自己紹介をしてみよう」

自己紹介となるといつも困る。特筆すべき点もないし、欠点あげつらうのは違うし。高校くらいまで、いつも学年の始まりの時はこんな感じの自己紹介しかしたことがなかった。
「添嶋譲です。好きなことは昼寝とぼーっとしていることです」

    • -

それ以降しばらくは好きな音楽とか小説の名前とかをあげていた。今ならこんな感じで。
「最近はBUMP OF CHICKENとか、Perfumeとか、そういうのを聞いています。去年は小沢健二Perfumeのコンサートを見に行きました。カラオケはここしばらく行ったことがありません。」
物書きの趣味を公言した時期もないわけじゃないが、あんまりよい印象を持たれたことがないので最近はいわない。
「詩とか小説とか脚本のなりぞこないみたいなのを書くのが好きです。去年の年末に文学フリマに参加しました。初めてちゃんとした本を作りましたが、思ったよりもずっと大変で、でもとても面白かったのでまた参加したいと思っています。読むほうは銀色夏生長嶋有穂村弘とかが好きです。一番最近読んだのは『桐島、部活やめるってよ』です。」

    • -

行動力だけあって、ちょっと精神的にやばいなぁと思っていたときは旅行に良く出かけていた。そうやって自分の中でバランスをとっていたのだと思う。
「一人でどこにでも出かけるのが好きです。まだ海外は行ったことがありませんが、北海道や鎌倉、京都なんかが好きな場所です。基本ぼーっとするのが好きなので、そういうのができそうな場所を探していくような、そんな感じです。」

    • -

文章から想像する僕と、実物は違っているのだろうか。よく、実際に会った人からは「思ったよりも普通」といわれる。それが本当かどうかはわからない。人見知りだとはあまり思わなかったのだが、最近実はそうなんじゃないかと思うようになった。人と話をするのが苦手だ。スムーズに(頓珍漢なことをいわずに)会話のできるひとになりたいと思っていたが、もう、いいおじさんだ。今からではもう遅いかもしれない。
あと、話すときの口調はあんまり男らしいほうではないと思う。気持ち悪いから嫌いなのだが、なかなか直らない。ごく最近、意識的に(自分で気持ち悪いと思う口調を)しないようにしているので、もしかしたら、少しはましになっているかもしれない。

    • -

そんな、自分である。
ちなみにこの名前は20年近く前にふと思い立ってつけたペンネームだ。別の自分になりたかったわけではない。小説家とかそういうものになれるとは思っていないが、もし、本を出すようなときがあったとして、その時にこの名前にちゃんと責任を持てるようになろうと思っていた。だから、本名と同じくらいに大事にしている、
もし本名かと思った方がいらっしゃったら、ごめんなさい。そういうわけで、これは本名ではないのです。
とまれ、添嶋譲というのはこういう人です。どうぞ、よろしくお願いいたします。