空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。

新刊快調に製作中。

ちょっとだけ宣伝します。あんまり頻繁にはしません。うざいの嫌いなんで。
第十二回文学フリマにて頒布予定、ひとり文芸ユニット「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の新刊、『詩集・INTO THE BLUE』です。
今回の内容はツイッターでなんとなく書きはじめてなんとなく書き終えた友達のいなかった少年と友達キットの連作『友達キット』の大幅改稿版ロングバージョン、前回の文学フリマでフリー配布をして好評を得た(たぶん)『幻灯機』の再録など、これでもかというくらいに詰め込んだお得な一冊。これを逃したら次はないです(わりとまじめに)。
判型はA6版(ささやか(以下略)の半分の大きさ・ほぼ文庫判)。表紙画像は開催近くに公開します。
文学フリマお試しセットを見て、あるいはこことかツイッターとか向こうの日記とかを見てきてくださった方にはなんかサービスしたいです。当日までに考えますよ。
(なんだか赤鬼の気分ですが、よろしくお願いいたします)