空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。

いろんなことをあきらめてきた

制服を着て 自転車に乗って通学して
窓際の席に座り 適当に授業を受けて
誰と話すでもなく
なにかというとからかわれ
反論することも馬鹿馬鹿しく
たまに様子を見に来る(と称して自分の非を正当化したい)
教師には何をいまさらという顔で
なれてますからと突き放し
 
なりたいものなんかない
したいことは自殺
早く死にたい
 
そうぼんやりと考えるも
実行に移すわけでもなく
どういう形であれ
ここからいなくなればおそらくは
三日もすれば忘れてしまうでしょう
そんなふうにして
いろんなことを
 
きっといろいろなことをあきらめてきた
 
社交辞令とか
別に本気でそう思っているわけではないということとか
早くに気づく必要もなかったのだろうけれど
空気を読むとかそんな言葉もない頃から
そうすることだけは得意だった
 
ときどき真に受けてひどく失敗するのは
君に優しくされたことだけを覚えているから
もう忘れてるだろうけど
もう覚えてなんかいないだろうけど