空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。日記ともはてなダイアリーのヤツともつかないものを。

いやびっくりした。

さっきなにげなくAmazonの自分の本の購入ページを見たのだが(在庫の確認のため)、そしたらどうだろう。中古が出品されている。アレまぁ。でもまぁ、しょうがない。そう思って値段を見たら2000円。にせん、えん? 誰だこんな法外な値段をつけたヤツは。いくら部数限定の同人誌とはいえ、悪くいえばおっさんの自己満足本だぜ? それに2000円はなかろう。
そう思うのと同時に、これでうっかりすると儲かるかもって思ったのかなぁと思ってちょっと笑ってしまった。
マーケットプレイスに出すのはもうこれはしかたないと思ってるので、つまんなかったのかなぁとか、500円の価値がなくてごめんねとかは思うんだけど、いやそれにしてもちょっと法外な値段じゃないすか。この値段だったらいろいろおまけつけてお礼状もつけて、一番きれいな本をお送りしますよ。僕だったら。