空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。日記ともはてなダイアリーのヤツともつかないものを。

10 years after

第15回文学フリマで頒布予定の新刊。表紙もアバウトなデザインが固まったのでちょっとだけ先行して公開。

f:id:linus_peanuts:20121014224255j:plain

タイトルは「10 years after」。「into the blue」に収録されている「友達キット」の続きのような本。その名のとおり、10年後の話。元ネタ自体はTwitterでたまにつぶやいていたのだが、それを元にしてほぼ全面改稿(というか書き下ろしというか)。思った方向に行ってくれたけど、思ってもみないことになった。

あいかわらず、小説というにはほど遠く、詩というにはいろいろ書き込みすぎているような不思議な出来になったが、それは自分の実力なのだろう。

表紙デザインはいつも本当に困ってしまうのだが(美術の成績悪かったし、センスないし)、続きなんだからということで夕暮れの写真を使って、ほぼ同じようなデザインにしてみた。わかりやすくていいかと思って。アイデアは十何年来の友人から頂いた。ありがとう。

完成原稿ができたら、見本誌サイトに登録してここで報告するので是非参照いただきたい。そして文学フリマ当日は是非手に取っていただきたい。Amazonでも購入できるようにするつもりですので、遠方の方はしばしお待ちを。

ではもうちょっと編集作業、がんばります。