読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。日記ともはてなダイアリーのヤツともつかないものを。

文学フリマに参加しました(2014年春)

五月の連休だというのに寒い日でしたね。添嶋です。

5/5に行われた、文学フリマに参加してきました。

ご来場いただいた皆さん、本を手に取ってくださった皆さん、実際に買ってくださった皆さん、そして、忙しい時期に原稿を書いてくださった皆さん、本当に本当に本当にありがとうございました。

おかげさまで、文芸コンピレーション「input selector」、てづくり図鑑太陽系がまさかの(奇跡の!)完売でした。コネコビト合同誌もほとんど出たので、これはもう新記録です。関わったすべての皆さんには感謝してもしきれません。

文芸コンピは近々増刷しますので、この後控えているzine展in beppu、第2回大阪文フリでも手に取っていただけるかと思います(がんばります)。また、これに関しては自家通販を行う予定です。これも準備が出来次第お知らせいたします。

てづくり図鑑太陽系はツイートを見て、実物を見本コーナーで見て、現物をブースで見て、ご購入いただきありがとうございました。無事、当初の目的を達成いたしましたことをここにご報告いたします。

合同誌があったこともあり、いままでで一番盛況だったのではないでしょうか。これが単著だけでもそういうふうになれればいいんですけど、銀色夏生の本みたいなのを素人がやって需要があるかどうかはまだまだわかんないです。作るほうは楽しいんですけどね。

さて。当日、会場ではIIJさんによる、無線LANの提供がありました。squareレジを使うのと、子どもがヒマになったときのパズドラなんかで利用させていただきました。二階は思ったよりも快適だったと思います。一階はどうなのかな、ウエブカタログの検索結果を表示するのにえらく時間がかかって(iPhone5でiOS7.1.1)、4Gにしたらあっという間に表示されたということがあったかなーと。あとTwitterの表示もちょっと重たかったか。

また、当初配信に参加予定だった、よしだおかさんのまげラジオは収録となりましたが、こちらにお邪魔してきました。これ、どこかで録画配信になるそうなので、もしよかったら。

もうひとつ、crunch magazineさんのユーザーさんから、文フリ記事のためのインタビューを受けました。おっさんよーしゃべっとったので、また記事が発表されたらこちらでもお知らせできるかと。

今回はあまりブースから離れられなかったので、交流のある方、あと一方的に感想を言いたかったサークルさんしか回れませんでした(しかも抜けたところばかりだしごめんなさい)。だんだん規模が大きくなると、ひととおり見て回って新規開拓がし辛くなってきてます。なので、WEBカタログに登録いただけると、見る側も楽なんだけどな。

そうそう。PC-VANの時代のお友達に18年ぶり?くらいに再会できました。名前変えないでいてよかったと初めて思ったんですが、もう絶対に会うこともないんだろうな、って思ってちょっとしょんぼりしてた時期もあったので、ものすごくうれしかった。文学フリマありがとう。

表立って参加する、東京でのイベントはひとまずこれで最後になるかと思います(最低一年から一年半くらいお休みする予定です)。次の大阪文フリでいったんイベント活動は休止しますが、委託などで参加できるものがありましたら、やっていこうと思います。

その他自作品の思うところとか、そもそもなんでしばらく休もうと思ったかとかそういう不要な自分語りは日を改めて。