空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。

第二回文学フリマ大阪 気になるサークルチェック。

こんばんは。一週間後に迫って来ていますね。9/14は堺市産業振興センターにて第二回文学フリマ大阪が開催されます。もう覚えましたよね。

 

さて。今回はWEBカタログを斜め読みして、気になっているサークルさんをざらっと列挙したいと思います。サークル名のあとの一言は気になるポイント。

なお、前回の寄稿者様の参加サークルは除きました。それではいってみましょう!

 

 

A-11 最小公倍数 二人のギフテッドと一人の凡人って

A-19 だれにもわからない。 前作も気になったんだけど手にとる時間がなかったので

A-21 DAISY CHAIN 制作委員会 ザッツエンターテインメント。

B-27 対文学 エドガー・アラン・ポーに相対するところを見たい

C-09 帰宅部から君へ 渡すことのなかったお話って

C-16 ことりり ちいさい物語と写真

C-17 手紙屋 誰にも知られずに持ち帰っているかもしれない手紙とは

C-33 階亭 男子ばっかの小説(でもBLではなさそう)

C-50 絶対領域 保育士と女子高生

E-06 大覚アキラ 現代詩フォーラム参加の詩人さん

E-23 cieliste 短歌とBL

E-36 さーかす 詩歌(絵もありますか)

E-55 ふぉとばしょ(photo+ことば) 写真がきれい。ねこなびにも掲載されました。

F-07 廃墟探索部 廃墟! 廃墟! 廃墟!

F-13 zine部 zineの楽しさを共有することがモットー

F-14 monmonbooks これってイラストレーターのmonさんですよね?

F-15 城東パラドックス 壮絶出版体験記。

F-16 ナカナカ 自閉症スペクトラムと精神病と日常

G-05 画羅駆田文庫 ミステリーペンション殺人事件!

H-02 おかま研究会(仮) 「差別する側」と「差別される側」の対話

 

すっげー偏って見えるかもしれませんけど、そのとおりなんですみません。ぶっちゃけていうと、WEBカタログが詳細なほうがチェックしやすいんですね。最低でもサークルの紹介、本の登録がされているほうがいい。ぼんやりとしたイメージコピーだと正直わからんです。

とはいえ、たぶん全部は回れないので、あとは当日の出会いに期待します。