読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。日記ともはてなダイアリーのヤツともつかないものを。

今年の予定など

みなさんこんにちは。添嶋です。
今年もよろしくお願いします。

 

去年はこんなことをしました:

  • 文芸コンピレーションinput slector(第二号)発行
  • 掌編小説集「インスタントリプレイ」(増補版)発行
  • 写真×言葉の本「君に近づく12の方法」発行
  • 言葉×写真の本「night flight」発行
  • テキストレボリューションズ公式アンソロジー(二号)への寄稿
  • 「7文字でつながる連作超短編を書こう! 2015」への寄稿
  • 静岡文学マルシェの始動
  • Kindle版 掌編小説集「雨」発行
  • Kindle版 「ささやかだけど、たいせつなこと」発行

なんや、全然休んどらんやないか(笑)

この他、コンサート行ったりコンサート行ったり文フリに一般参加したりデザフェスに行ったりしましたな。思ったよりも忙しい一年だったようです。

いろいろありがとうございました。

さて、今年はこんなことを予定しています:

  • 静岡文学マルシェ開催
  • 他所のサークルさんへの寄稿した文章を集めた本を作る
  • 写真×言葉の本発行
  • Kindle版 掌編小説集「インスタントリプレイ」発行
  • Kindle版白黒文庫(うちの専属作家吉宗さんの作品を扱う個人レーベルです)発行
  • 寄稿もいくつか

今のところはこれくらいですかね。今年も忙しいな。

当面の目標は静岡文学マルシェの開催ですね。思ったよりもいろいろ考えないといけなくて、イベントを主催する方々は大変だったんだなー。また公式サイト(静岡文学マルシェ)でもお知らせしていくので、そちらのチェックもよろしくお願いします。

今年はわりとサイト名であるところの「言葉の工房」も推していこうかなと思っています(だって空想少年〜は長すぎていろいろ支障があるんですもの)。レーベルみたいに扱っていけばいいかな。

寄稿はいろいろできる範囲で受けていこうと思います。最近すっかり書けなくなってるんですけど大丈夫なのか。文フリに出るなら1冊新しいの作りたいけれど、無理してもしかたないしなー。できる範囲でやっていきましょう。

 

そんなわけで今年もぼちぼち活動していきますのでよろしくお願いいたします。