空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。日記ともはてなダイアリーのヤツともつかないものを。

第22回文学フリマ東京、極私的サークルガイド。

皆さんこんばんは。添嶋です。

5/1は東京流通センター文学フリマ東京が開催されます。僕は今回も出展はないのですが、間接的に参加しています。それもふくめて、毎度お馴染み「なんか気になるんだけどどんなもんでしょ」的ガイド……というかリストを……お送りします。
なんの参考にもならないかも知れないですけど、なんかの目安になれば。

 

文学フリマに行くには

東京モノレール流通センター駅で下車。空港快速では止まりませんので、注意を。

改札抜けたらそこは会場。コンビニとタリーズを横目に見つつ、正面玄関からはいり、左手のエスカレーターで二階に上がるとそこは会場。

入場時にはカタログをもらいましょう。サークルチェックができます。

見本誌コーナーで実物をみることもできます。たぶん新刊がずらり。ピピピッと来たら、迷わずそのブースに行くのです。「見本誌コーナーで見てきました!」と言うとみんな喜びます(たぶん)。

 

まずは参加しているものを

  • 嘘つきコルニクス編集委員会(ク-40)
    添嶋がなぜか小説で参加している「嘘つきコルニクス」。自身最長の文章量で「嘘」をテーマにいつものような話を書いています。刊行自体は9月ですが、その予告編を配布しています。ぜひもらってってください。

    c.bunfree.net

 

ガイドとか、各イベントの案内とか

  • 文学フリマガイドブック編集委員会(オ-01〜02)
    言わずとしれた、文フリガイド。とりあえずこれを買ってめぐるのがいいと思います。皆さんの文芸同人誌ライフの羅針盤に。
  • Text-Revolutions準備会(ツ-39)
    年に二回開催される、比較的規模の小さい(でもやることはでっかい)総合文芸イベント。公式アンソロジーは驚きの作品数です。

尼崎文学だらけに関しては、おとそ大学パブリッシングさんへ。
静岡文学マルシェは……すみません、ブースがないので、添嶋を探してください(オイオイ)。

 

なんだかBLとかブロマンスとか

BLっていうとなんだかちょっとあれ、な感じもしますが、ブロマンスというとなんとなくしっくりくるんじゃないか、と思っているんですが、最近のBL界隈は性的なことからは切り離された部分で成立しているものが増えてんのかなーという感触。とは言っても、読んでみないとわかんないですけどね。

  • おとそ大学パブリッシング(ア-29)
    「ともだちの国」はもうちょっと深いところまで踏み込んでいるのかな。これは読んでみたいのでチェックしています。

c.bunfree.net

  • cieliste(オ-21)
    「よくないおしらせ」のつづき。ブラコンの男子とか、BL的ですな。

c.bunfree.net

  • hydra / blue(コ-44)
    三部作「blue」の第一部。ここに書いてある紹介を読むだけで勝手にぎゅっとくるものがあります。どうせなら三部作まとめて揃えるのがいいのかなー

c.bunfree.net

  • 空席(サ-03)
    男子高校生の屈折率について、というサークル紹介。前も気になってたんだけど。というか、ここのくくりに入れたら怒られるかもしれない(ごめんなさい)
  • 庫内灯(ス-15)
    BL句誌。確か新聞にも紹介されたので、ご存知のかたもいらっしゃるかも。俳句とか短歌とかとBLって親和性高いと思うんだよなあ。第二号のフライヤーを配布しているとのことなので、こちらもチェック。

c.bunfree.net

  • 稀人舎(タ-17〜18)
    「僕たちはおなかがすく」という詩集。表紙がヤバいです。手の甲の血管とか。

c.bunfree.net

 

(写真)詩集とか

自分も一冊作りましたけど、写真詩集、良いですよね。僕は大好きです。他、詩のサークルさんをいくつか。

  • おがわさとし雑貨店+夜間飛行惑星(ス-18)
    制作過程(?)をTwitterで実況していらして、ちょっとこれは手にとってみないと、と思っています。

c.bunfree.net

  • 月待者-つきまてば-(セ-23) 詩+写真+イラストのA6詩画集
  • ニセアカシア発行所(セ-24) 写真と言葉の同人誌「ニセアカシア
  • 詩小説文庫(サ-08) 初出展だそうです。水の中に浮かんでいるような言葉。
  • 26時(シ-31) 詩誌。

  • こんぺき出版(シ-43〜44) zine展 in Beppuでお世話になっている豆塚さん。東京初出展だそうです。

    c.bunfree.net

  • 6mg(ス-05)

    c.bunfree.net

 

定番中の定番。迷ったらここを回るのだ!

定番というか、極私的、というだけあって何度かお話をさせていただいている方中心です(一方的に御慕い申し上げている方もいるんですけど)。なので、お名前と気になる新館があればそれのリンクだけでごめんね。

  • 少年憧憬社(ア-09)
  • 犬尾春陽(ア-10)
    二つまとめてご紹介。なぜかって言うと、この共著があるから。猫。
    c.bunfree.net
  • 日表造形社(ア-40)

    c.bunfree.net

  • 元カノを誤訳(イ-02) 前日まで舞台をやっていらっしゃるとか。あと、今回も表紙デザインいいなあ。

    c.bunfree.net

  • おとといあさって(オ-33) 特殊装丁マニアの方はぜひ。

    c.bunfree.net

  • 雲上回廊(オ-03〜04) そえさんの新刊!

    c.bunfree.net

  • 眠る犬小屋(カ-13) ふみちゃんかわいいよふみちゃん。

    c.bunfree.net

  • 文芸誌「窓辺」(ケ-02) 安定の読みごたえを。

    c.bunfree.net

  • cahiers(セ-16)

    c.bunfree.net

  • 城東ぱらどっくす(ソ-03) 自費出版体験記は文フリ参加者のマストアイテムです。
  • そよ風文芸食堂(ソ-26) これぞ同人誌。誌上旅行記を。

    c.bunfree.net

その他気になるところ

これもただのリストですが。ざっくりひとことつき。それではいってみようー。

  • かえってきた青い花(ア-13) 青い花がテーマのアンソロジー
  • 小鳥籠(ア-31) 都市を生きることは試練です
  • 酔っ払いバタフライ(仮) (イ-07〜08) グランジ系現役精神科看護師の擁するシュルレアリスティックサークル
  • 羊網膜傾式会社(イ-09) 羊、文豪リミックス
  • とぎれない、いつか(イ-32) 男子高校生/幼馴染/茶道部+剣道部/共犯者/似てない兄弟/短編作品集/詩集
  • トラウマガジン(イ-41) 生きる理由、とは
  • よしなに動物園(ウ-27) 今回は「冬」がテーマのアンソロジー
  • トラブルメーカー(ウ-28) なんてことのない日常
  • HPJ製作工房(エ-22) SFっぽいものたくさん。無配もたくさん。
  • 透明な寂しさ(カ-19) 鉱物幻想。鉱物!
  • 幻想銀座+magari studio(カ-43) ファンタジー小説
  • 梟流(コ-10) 青春と怪談
  • 絶望系青春同盟(コ-12) 「制服探偵」という本
  • 恋人と時限爆弾(コ-25) 百合とBLとミステリー
  • デュアルパトローネ(ソ-43) カメラですね。PENTAX Qのことも
  • 廃墟探検部(タ-01〜02) 廃墟廃墟廃墟!
  • 想像と言葉(チ-25) 米光さんの言葉と想像力で遊ぶ(?)パーティーゲーム
  • Shiny Books(ツ-13〜14) アバンギャルドでいこうはマジアバンギャルド
  • 詩先(ツ-24) 音楽を言葉から楽しむ。
  • メルプのお部屋(ツ-30) 文具を紹介する本。
  • 昭和のひとびと(ツ-33) ……という一人サークルなんだそうです。「東京おば散歩」
  • 波間のかけひき(ツ-43) いろいろなフォントを作っています、って気になりません?

この他にも全部で725サークルが出展します。以下のサイトからチェックしてみることをおすすめします。

第二十二回文学フリマ東京 出店者(サークル)リスト - 文学フリマWebカタログ+エントリー