空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。

静岡文学マルシェ、ありがとうございました。

みなさんこんにちは。添嶋です。

6/19 静岡文学マルシェ無事閉会いたしました。ご参加いただいたみなさん、突然手伝えと言われ手伝ってくださったみなさん、本当にありがとうございました。

お披露目ということで、実は第0回って(大々的には言ってなかったけどそうなんです)ことで、すべてが手探りだったわけなんですが、チラシベースでは約100名、直接出店の方除いて約90名の方にお越しいただきました。すごいじゃん!

 

さて、個人的なまとめとか感想とか。

  • 実はそんなに人が来ないんだろうなあと思っていた
  • いろんな人に手伝うよ、と言ってもらい、ご厚意にあまえることにした
  • 委託コーナーの買い方はもうちょっとなんとかしたい
  • まさかの入場待機列形成
  • 開始からしばらくは店内がぱんぱんで冷房が効かないくらいだった
  • なので汗吹きまくり
  • カフェ営業も忙しかったそうです。
  • 自分も書いてるんです!という人がいらしてて、なんか熱かったな
  • 通りがかり、という方もいた
  • 委託見本はいろいろなひとがいろいろな本を手にとってくれてました。今回あんまりでなかったな、という方も、実は手にとってもらえてるんです。
  • ポストカードギャザリングはわりとおもしろがってもらえた

次回に向けて。本当はいろいろ頭ではやらないといけないなーと思うことはあったのですが、出来てないことがおおいですね。例えば、

  • 委託コーナーの見せ方、販売方法
  • ポストカードギャザリングの説明不足かつコーナーを目立たせること
  • 全体の宣伝とか

言いだしたらキリがないのですが。

カフェでの開催ということで、いろいろ制約がある中でやったので、飾りつけも抑えていたらこんな感じだった、ということなのですが、ま、でももうちょっとわかりやすくできたよなーとは思いました。

なんかここのところ、文芸イベントやると棚を作るところからみんな始めてておもしろいんですけど、どこもそうだと思うんですが、テーブルの上に拡げるにはスペースが足らないんですね。ていうことは高さを確保するしかないんですな。幸い、今回は壁がまるまる空いていたのでそこを利用したんですけど、次回は次回でまた考えないとダメだろうなあ。

委託コーナーも一言説明が出来るようにしておくといいかなーとか思いました。内容がわかりやすいと手にとりやすいんじゃないかなあ。今回はとにかく一回目だったので、すべてが新刊、と言ってもいいくらいだったと思うんですが、だからこそ、フラッと入ってきてくれた方にもわかるようにしたいと思いました。

さて。
次回は2017年2月12日予定です。場所はカフェではなく、近くのホールを借りるつもりです。なので、50サークルくらいを予定しています。まだ配置もなにも考えてないので、確定ではないですけど。
今回みたいに、こちらからはあれこれ提示しない(というかできない)ですが、みんなでニコニコしつつ過ごせるような雰囲気はつなげていきたいと思います。カフェのあれこれも出してもらうようにお願いするつもりです。

募集開始は9月から10月くらいの予定です。詳しくは公式サイトや、FacebookTwitterの広報アカウントでの発表をお待ちください。

 

残りはおまけなんで折り畳んでおきます。

 

で前夜祭。

前夜祭は、最初ものすごく心配していたのですが(たぶん面識がない方ばかりだろうし)、半分静岡勢、半分県外勢という感じでした。すぐに打ち解けてくれたようです。きっとおでんのおかげ。おでんの撮影会すごかったもんね(笑)

創作談義も、こちらから話を降ると、いろいろお話していただけて、いい情報もちょこちょこでてきましたね。そういうのを共有していけるといいな、と思いました。

ぜんぜん関係ないですけど、おでんと磯自慢の組み合わせはヤバい。あれ飲みすぎる。

次回も前夜祭やりたいなあと思っています。今回参加できなかった方もぜひ。

 

あとこれは超個人的なことを。
一度お会いしたいなあと思っている方々にお会いできて良かったです。あと、僕が言いだしたことだからっていうことなのか、心配してくれてなのか、遊びに来てくれた皆さん本当にありがとうございました。いろいろ手伝ってくれてありがとう。当日にいろいろ頼むというのはイベント運営ではたぶん反則なんですけども、引き受けてくれて本当にうれしかったです。
しつこいようですが、みんなのことが大好きです。

 

それでは、また来年、会場でお会いしましょう。