空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。

11月、イベント3つ終えて

よく考えたら11月は三つもイベントに参加したのだった。したのだったっつーかこんなにつっこんで大丈夫なんかい、という感じではあった。

 

zine展 in Beppu

もうずっと参加している大分のイベント。相変わらず九州には結界が張られているのか、単に自分の功徳が足りないのか知らないけれど、なかなか現地に行けずにいる。

置いてもらったのは有償2種類と、無償1種類。有償のほうは写真詩集。他の人が作るのはどうか知らないけれど、写真詩集に関しては自分が作って持っていくといつもそんなに売れない。「君が思うよりずっと」はビギナーズラックだったんだよなあ。

ここのイベントの売れかたは、わりと全体の売れかたに似ているので、ここでダメなら他でもダメだったりする。なので実験的にいろいろやって、ダメなら増刷せずに売り切っておしまい(下手するとそれっきり動かなかったりする)、なんだけど、今回はたぶんそのカッコの中の文字っぽい感じ。全部自分で考えたものはあんまり、なんだよなあ。「つけもの」はアイデアは人からもらったものなので、そういうのを思いつかないとダメなのかも知れないけれど。

無償のはコピー一枚の折本なのにぜんぶ出たらしい。ありがたい。確か余ると返送品の中に混ぜ込んで配ってもらえると記憶しているので、それにも入らないくらいだったのだろうか。機会損失とかよく言われるけれど、がっつり送ってがっつり残るのは嫌なので、現状の送りかたでいいのかなと思った。

 

ストリートフェスティバル・イン・シズオカ

二日間、夜八時まで、というのがどう出るか心配でしかたなかったイベント。コミティアとかコミケのように本の中の小説ジャンル、ではなくて、音楽とアートのイベントに混ぜてもらった文学ジャンル、なので、売上のことは二の次になるかもしれないな、と思っていた。まあ、初日雨だったわりには思ったよりも出て、思ったほどは出なかったかな、という感じ。

静マルそのものに興味を持ってもらって、次回の告知とか、出展者を掘り起こすとか、そういうほうが主立った感じになった。

ラジオブースのスピーカーが正面にあったのはちょっとアレだったなあ。音が大きすぎて話があんまり聞き取れなくて、何度か音を下げてもらいに行ったくらいだった。

売るのは二の次になるのかもしれないが、イベントの告知とかこういうことやってますよっていう周知とか、同人誌とはこういうものですとかそういうことを続けるには出展していってもいいかな、と思う。

もうちょっと、その日に向けてなにかっていうのはあんまり考えなくてもいいかな、とも思う。あと、準備段階でいろいろ手伝ってもらえるようにしたほうがいいかも。

静マルはスタッフはいつでも募集してます。一緒にイベントを作り上げていきませんか。

 

文学フリマ東京

遅刻しました(もうしわけない)。なので、一時間考えつつレイアウトするとかぜんぜんできなくて、アンソロと預かったものしか置かなかった。個人誌は後半見本をちょっとだけ出しただけだった。

これのために新刊を用意するとかできなかったし、自分はアンソロだけ売れてくれればそれでよかったし、預かったものは配布(と頒布)するのは責任持ってやりたかったので。

売れかたはいつも書かないようにしているのだけれど(売るのが目的のサークルではないので)、ことアンソロに関してだけ言えば、ひさしぶりに善戦したほうだと思う。いろんな人に原稿をいただいたので、その方のファンとか関係者のかたとかそういうかたたちにきていただけた。ありがとうございます。

一緒に来てくれた家族は都合で途中で抜けたので、ひさしぶりの一人参加とあんまり変わらない感じだったけれど、まあ、それでもいいかな。必要以上に買うのを控えることができたので。

参加に関しては、もうがっつりじゃなくてもいいな、と思っている。イベントのために書いて、作って、ってもう無理だこれ。できたときに近くにイベントがあれば参加するかどうするか考える、くらいじゃないといろいろたち行かなくなってる感じがする。

 

で、こういう記事を見かけた。

leftright.hatenablog.com

うちも子どもが小2くらいから家族に手伝ってもらって参加している(ことが多くなってきた)ので、あれなんだけど、おやつと暇つぶしと早めの撤収を心がければなんとかなるんじゃないかと思う。子ども飽きるしね。

浜松町にポケモンセンターがあったときは家人に頼んでそこに行ってもらったりとか、ゲームを持ってってやらせるとか、そういう感じで乗り切っていました。両隣にはご迷惑をおかけしたかもしれないけれど。あとは、チラシを渡す役目をお願いしたりとか、ターリー屋さんブースで食べ物買ったりとか。

今はもうさすがに大きくなったので、多少の店番は頼める(トイレのあいだだけとか)し、何度も参加していて顔見知りも増えてきたので挨拶したりとか会話したりとかできるようになったきたので、(子どもが嫌いでしかたない人以外は)なんとかなるんじゃないかな。

 

書くとか続けるとか

しばらくはまた、ネットに公開して、たまったら本にするとかそういう感じに戻してもいいかなと思っている。それかネットだけにしちゃうか。やってて楽しいけれど、一般参加のほうが気が楽になっちゃってるなあ。イベント始めちゃったせいもあるかもしれないけれど。行き着く時間と場所がないのは、ちょっと。

そんななので、1月までまだ三つ残ってますけど、それ以降は静マルでなんか出たりするかもしれないですけど、個人ではあんまり考えてないです。たき火の焚きつけばっか増えてくのもね(笑)。