空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。

「ここすと」出展します

浜松市にあるギャラリーカフェ、「アートサイドカフェ・ココモ」さんにて1/9-21の予定で開催されるイベント「ここすと」に出展します。

なんでここを知ることになったんだっけか……というのを全然思い出せなくて、きっとほんとうに偶然が色々重なったんだろうな、という感じなんだけどたぶん絶対に違う気がする。(すみません)

浜松でも盛り上がるといいなと思って、と主催のかたはおっしゃってますし、静岡ではほんとうに文芸系のイベントが少ないので、こういうところから少しずつ広がっていくといいな、と思います。せっかくのご縁、静マルとしても、個人としても応援していきたい。

イベントの規模としては、0回の静マルみたいな感じ。十数人の出展者がいて、店内に委託品がずらりと並んでいて、カフェなのでお茶をしながら読んだりできる。そんな感じです。

で、ここ、建物の半分は絵画教室で、二階がカフェ、といううちの子供三号を通わせたい感じのところなんですが、そんなところに絵心も何もない(だって図工2だし!)添嶋が出展するってなんかすごくないですかチャレンジャーじゃないですか。

なにを置いてもらおうかずいぶん考えました。小説はわりとみんな置くよね。自分はいつも賑やかし担当のつもりだから(売れるかどうかはあんまり考えてない)、見るだけでもいい感じのものにしたいしなーとか思って。

で、以下の2つを置いてもらうことにしました。

写真詩集「君が思うよりもずっと」

literary-ace.hatenablog.jp

literary-ace.hatenablog.jp

 

絵本「いん石くん」

literary-ace.hatenablog.jp

 「君が〜」は銀色夏生をやりたくて作った本なので、そういうのが好きな人に見てもらいたいなあと思っています。わりと好きにやったら、わりと好きな感じの本になりました。男子のグダグダが出ていると思う。

「いん石くん」はよく考えてみたら擬人化ってやつだと思うのですが、そんなに事実とは違うことはやってないので、ほのぼの絵本くらいの感じで見てもらえればいいと思います。

 

会場は

hamabi.net

こちらを参照していただければ。浜松駅からちょっと歩く、浜松城公園というかホテルコンコルド浜松の裏手です。

イベントのことは

hamabi.net

こちらを参照してください。出展者さんの紹介なんかもあります。

 

ここすとvol.1

期間 2018年1月9日から21日まで
(月曜休み・火曜から土曜 10:00〜19:00、日曜10:00〜17:00)

会場 アートサイドカフェ・ココモ
(住所 〒430-0946 静岡県浜松市中区元城町109-12 1F 左手奥扉入口
電話番号 053-474-0506)

 

期間中、一回は自分も遊びに行くので、もし見かけたらそのときはよろしくです。