空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。日記ともはてなダイアリーのヤツともつかないものを。

なんかとりとめのない話。

書いてますか。読んでますか。添嶋です。まだ寒い日が続くんですかね。

先に書いておくと、これはcrunch magazineさんのほうにアップしたものと同じ文です。

新機能のアナウンスがあったので、見てみたのですが、レーダーチャートって言うの? あんなのが表示されてるようになったんですね*1
びっくりするくらいに数値がそろってて(笑)、可もなく不可もなくってことなのかなー。日々「つまらなくはないと思うんだ」って言ってるわけですが、それを実証したような感じになってた。変に突出しててもなあとも思うし、一般的にはどうなんだろう、とも思うし。



自分の好きなジャンルで、自分なんかよりもずっといいものを書く方がたくさんいらっしゃるので、別に自分が書かなくてもいいんじゃないかとは思うんですよ。書いても人に見せなきゃいいだけで。なんかそんな不安定な位置にいる。ずっと。賞に出すわけじゃないし、何次通過!とか見るとすげぇってなる。僕みたいなのって本気の人に失礼じゃないかと思う。
僕はいつも自分があとで読んで「うわ、なんじゃこりゃ」って思わないものを書こうと思っているのですが、それは達成できているのだろうか。自分が読んでてつまんないものは人が読んでもつまんないだろうし。

誰だったか、ホラーを書いている人だったか、家族に展開を想像させて、そうじゃないほうを考えて書くみたいなことを言っている人がいましたが、ホラーに限らず、それって有効なんじゃないかと思ったり。なんだこのありきたりな展開って思ったらそれってきっとつまらない話になる。……て思いませんか? ま、でも「こらおもしろい」って思っても一人よがりになっちゃダメなんすけどね。



そういえばこれもわりとことあるごとに言ってることなんですけど、文学フリマに参加し始めたきっかけっていうのが「過去の自分に落とし前をつける」っていうので。
昔はそれでも物書きになりたいってイッチョマエに思ってて、すぐにダメだこりゃ文才ないわってなってやめたんですけど、文学フリマって言うのを知ったときに「紙の本を作ったら、買ってくれる人はいるんだろうか」「ていうかそういうの作りたいって言ってたじゃん」「そもそもそんなたいそうな文章書けんのかよ」「正直にやりたいって言え!」「気がすむまで作ればいいじゃん」みたいなぐるぐるした気持ちになった。自分のやりたいこといっぱい我慢した反動なのかも知れないし、うっすら「もしかしたら、まだなりたいのかも」って思ったのかも知んないけど。ともかくそれで下手くそなりに薄い本を作って参加したんですね。幸いにして、少ないながらも手に取ってもらえてるようではありますけど。

ここのところ、なんかもういいやって思ってる節があるので、それで一回休むかって思ってるんですけど、でも、そういうのがあったから、ここ*2とかTwitterとか自分とこのサイトとかで書きたいように書いて、自分があとで読めればそれでいいやって思ってるのかもしれない。こういうのなんていうんですかね。邪念がなくなったとか?(笑)



そんななので、あの可もなく不可もないチャートを見て、これで満足しちゃいかんだろうけど、このままの感じでいいのかなとか思ったのでした。もうちょっといろいろ表現の幅は広がるといいなとは思うけど。それは自分の努力次第ということで。
そう遠くない先に、ぼけた自分が「この話を書いたのは誰だ、面白いな」って思ったら、自分の勝ち、くらいのスタンスでいようと思います。

小説と違ってひとに読んでもらおうと思って書いてないので、意味不明だったら申し訳ない。ブログだから許して。

*1:いちおう補足しておくと、crunch magazineさんでは、書いたひとだけが見られる、自作の分析って言うのがあって、評価や表現の面から自作がどういう位置にいるかとかそういうのがわかるんです。その画面のことです。

*2:crunch magazineさんのこと