空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。

文学フリマに行ってきた(2012春)

みなさん、こんにちは。
5/6に行われました、第十四回文学フリマ。空調が送風だけでお向かいの赤ちゃん店長もだいぶ暑そうにしてましたが、一人文芸ユニット「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」にお立ちよりいただきありがとうございました。
今回は新刊がついのべ本だけということで、売れ行きは全部で15冊+お題3つ。ちょっと少なめでした(宣伝もしてないから当たり前なんです)が、それでも立ち読みしてくださる方がいたのは収穫でした。
こえかけはされる側はウザいと思われるかも知れませんが、やっぱちょっとは必要だな。程度問題。なので、次回からはもっとはっきり勇敢になって(笑)声かけもしていこう。
さて。前々から書いていた「寄付します」なんですけど、本の売り上げ15冊×100円プラス、路上詩人ごっこでいただいたお代プラス添嶋の気持ちをいれて3000円寄付してきます。証拠写真はまた後日。
たぶんもうちょっとうまく宣伝すればかなりの飛び道具になったような気がするんですが「路上詩人ごっこ」。それでも参加してくださる方がいて嬉しかったです。はりきって書きました。お手に取ってくださったかたがたには、少しでも気に入っていただければ。あんまりおもしろかったので、次回もやります。次回はわりと普通に。チャリティはまた個人的に。
次回はまたどこかの企画にもぐりこんで詩とも物語ともつかないものを書きたいなと思います。時間は自分でつくらねば。
で、今回はターリー屋さんにも近づけず、本もダッシュでいって買ってきただけだったりとか、あれこれほしかったけれどうっかり忘れてたのとかあってかなり残念なので次回こそは。
と言うわけで、文学フリマ事務局の皆さん、ありがとうございました。皆さんのおかげで楽しい一日を過ごせました。次回もよろしくお願いいたします。
いろんな感想はこちらから → http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20120506