空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。

「文芸コンピレーション input selector ISSUE:Late2017」出します

数えてみたら、前号から2年8ヶ月ぶりくらいだったらしい。

ひさしぶりに文芸コンピレーションinput selector出します。数えて3号(通巻4号)。通巻4号なのは、30秒読書がこれの別冊扱いだからです。

で、区別がつかなくなってくるので、どうしようかと、ない頭ひねって考えて、今回から発行年を入れていくことにしました。なので、ISSUE:Late2017。Macのプロダクトみたいだな。

 

では、参加者の皆さんのご紹介です。あらすじは苦手なので、非常にアバウトな紹介となっていますがその辺はご容赦ください……。

 

  • 相沢ナナコ「コネコの長い一日」
    コネコビトのお話。ショートショート
  • 秋月千津子「黄色、青色、そして白」
    エリと月子と、滝くん。私が心をひらけるのはあなただけ、君だけ。
  • 昭乃そら「肌」
    美に耽る。美を追い求める。
  • 伊藤佑弥「その先の後先」
    小説を書くのをやめてしまった。就職をした。
  • 稲荷古丹「あたまにひびく」
    毛が生えて、若返った、けれど。
  • うさうらら×オカワダアキナ「昨日のかみさま」
    中年のおじさんとタンゴを踊る羽目になってしまった。コミック×小説。
  • 菅野樹「風琴堂覚書 航跡雲」
    若者が持ってきたものの中に、とても大切なものが入っていました。あなたと私を固定する、大切なもの。
  • 雲鳴遊乃実「破壊神へのラブ・ソング」
    僕と違って君は言葉通り、壊してしまった。
  • くりまる「チロとゆく」
    愛犬が死んだ。筆の進まぬ私と編集。ある日娘が帰ってきた。
  • たかなしみるく「都民ファースト都民ファーストっていうけど、実は私はまだ千葉県民。~たかなしみるく×東京生活~」
    私と同居人の奇妙な生活、あるいはご飯いらないなら早くそう言え。というエッセイ。
  • 津上夏哉「ナイチンゲールに花束を」
    雪の壁を越えて、外に出なければ。
  • 業平心「ココがどこかでなく、キミはだれか」
    一生をなぞる、一週間の歌。
  • 濱澤更紗「幸不幸の境界線」
    恋がもどかしいのはだいたい男子のせいだと思う。
  • マツ「うさぎ」
    自分が知っている二つの話は、どちらもうさぎが死んでしまうのだ。
  • 豆塚エリ「もう君は私のものではないのにね」
    酸いも甘いも乗りこえる短歌。

 

以上です。それと、添嶋の「サンタクロースなんて来なかった」が入ります。

 

表紙はこんな感じ。

f:id:linus_peanuts:20171026202658j:plain

ばーん。かっこいいでしょ。Helvetica万歳。裏はサークルロゴしか入っていませんけど。

 

というわけで、ストリートフェスティバル・イン・シズオカで先行頒布予定、文学フリマ東京が初売りです。

文芸コンピレーションinput selector ISSUE:Late2017

A5モノクロ 本文220ページ。 予価1000円。