空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。日記ともはてなダイアリーのヤツともつかないものを。

超・私的・文学フリマガイド。

文学フリマったって、どこでなに買えばいいんだよ、わかんないよーという方は多いと思います。僕も初回一般参加したときはそうでした。

  1. まずは見本誌コーナーへ。
    東京流通センターで開催されている今は、見本誌コーナーは二階にあります。ですので、とりあえずそこへ行って、目についたものを片っ端から手に取ってみるのもよいと思います。
  2. ジャンルでさがす。
    今回は同じジャンルが比較的近い場所に固まっています(今までもそうだったんでしょうけど、今回のほうがその傾向が顕著です)。ガイドをもらったら、自分の好きなジャンルの場所へ行ってみて、ひととおりながめてみるというのもよいのでは。
  3. 非公式文学フリマガイド(小説)を手に取る。
    文学フリマ参加者による、文学フリマ参加者のガイド。小説ジャンルだけですが、それぞれ掲載される意味があると思っています。おそらくは今回も参加しているサークルが多いと思いますので、これを手にして、そこへ行ってみるとよいでしょう。当初は賛否ありましたが、おおむねよい方向に向かっているのではないでしょうか。
  4. で、添嶋さんはどれがいいと思うの?
    個人の意見なので、参考程度に、なんですけど、以下のサークルさんが気になります。勝手に名前を挙げてすみません。面識ない方も挙げさせていただきました。カッコ内はブースナンバーです。
    • Inside Out(B-04) あれだけのボリュームを無料配布するという力量。
    • エンハンブレ企画(D-03) コネコビトはかわいいのです。
    • カタリタガリナ+bnkr(C-03/04) ザ・エンターテインメント。
    • 倉田タカシ(ウ-04) 不思議な言葉の世界、という感じ。
    • SUMMER CAMP(イ-66) BLなんだけど男子も読め、というか。
    • 私的標本(エ-07) デイリーポータルZでよくお見かけするので。
    • 象印社(C-61/62) かわいいだけじゃないと思うのは僕だけか。
    • 童チョコ(童貞チョコレート)(F-13) まぁいいから一回、目を通してください。寂しがりやの徹底抗戦(意味不明だな)みたいな感じかなぁ。
    • 都立井草高等学校文芸部(B-56) 前回、稀人舎さん経由で読んだ小説を書いた方がこちらで参加されるということなので。高校生かー。
    • TOLTA(カ-17) いつもいつも気になってるのですが、なかなかお伺いできないでいるので。
    • 中庭(ウ-15/16) 前回読んだ本が圧倒的な力で僕に迫って来ました。びっくりした。
    • 絶対移動中(ア-15) 「ジョソウダンシ!」の見本部分を拝読しましたが、俺こんなきれいな文章書けないです。
    • さとうしお(ウ-44) 普段あんまり読まない文体ですが。
    • 見崎彰広(ウ-49) 個人サイトを見て。開始から2時間しかいらっしゃらないとのこと。ドローイングが好きかも。
    • WEB文芸誌「窓辺」(イ-21) 普段はウエブで読むことができるようですが。文フリではどういうふうに見ることができるのかなーと。
    • ガラム正宗(オ-19) みんな大好きカレーライス、のサークル。
    • 【鉄塔】(B-55) これはもう、公開されている表紙画像だけで気になるのです。
    ここで書かなくても名前が知られていそうな有名どころ(と思われるところ)の名前は挙げていません。一部挙げてあるのは自分が特に好きなところです。
  5. 無料配布物を置いてあるサークルさんはたくさんあります。それをもらってきて、気に入ったら他のものも読んでみるというのもいいでしょう。「さっき読んだらおもしろかったから」とかいうとみんな嬉しいはず。
  6. ツイッター小説なんかは手に取りやすいかも知れませんよ。一つの話が140文字しかないので、ささっと読めるし、その分いろいろ遊びの要素を混ぜていらっしゃる方も多いようなので。

ここに挙げたほかにもあるので随時追加していこうかと思います。「俺は?」って思われてたらすみません。もし今からチェックするならこんな感じでしょうか。

  1. 文学フリマ公式サイトを見る。
    すでにサークルスペースは発表されています。個人サイトを持っていればここからリンクが張られているので、それを見てあたりをつけることは可能です。
  2. 立ち読み、紹介サイトを利用する。
    事前に中身を立ち読みすることができます。これは有志の方が開設されているサイトですので、出展者の見本がすべてあるわけではありませんが、気になるものを見ていくだけでも楽しいのではないでしょうか。

参考になれば幸いです。ならなかったらごめんなさい。

大事なことを一つ。各ブース、いちおうお釣りは用意しているとは思いますけど、それも限度があります。一万円札とか出されても困るところのほうが多いので、小銭を用意しておきましょう。
あ、それと、会場近くにはローソン、タリーズコーヒーがあります。会場内では「ターリー屋」さんというカレー屋さんがドリンクとフードを販売しているので、お腹が空いても大丈夫(笑)。これ目当てで来てもいいんじゃないでしょうかね。座って食べるところもあるし。