空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。

「浜松古本市 and More!」と「しずおか一箱古本市」に出店します

浜松古本市 and More!

10月7日(日)、浜松市 鴨江アートセンターで開催の「浜松古本市 and More!」に出店します。浜松地区に出店はこれで二回目ですね。朝10時から。

 

とはいっても、古本市なんで、文フリとかココモさんのイベントと違って、古本メインです。うちにある古本を持っていきます。ついでに(といってはなんですが)、同人誌も持っていきます。って感じです。よかったら見てってね。よかったら買ってね。

 

浜松古本市 and MORE! – 浜松初!?1日だけの素人古本屋さんたちが集まるフレンドリーな古本市

 

で、先日、主催の(うちのおひとり)浜松のフェイバリットブックLさんに説明会を聞きに行ってきたんですけど、ここ、アパートの一室を利用して営業していらっしゃる本屋さんで、靴を脱いで上がって、メインの売り場(というかまんま部屋)にはこたつになるテーブルがあるんですね。これは一回座ると根っこの生える場所だ……。
もちろん大きな書店ではないので、あれもこれもあるわけではないですけど、近所だったら通うのに……って感じのセレクトショップみたいな本屋さん。

favoritebooks.jp

 

しずおか一箱古本市

こっちは11月24日。静岡市葵区鷹匠であります。新静岡セノバの近く、水曜文庫さんの向かい辺りですね。晴れていれば屋外での開催になります。こっちも朝10時から。
なんと文学フリマ東京の直前になるんでなかなかビビってる感じです。体力的に持つのかしら。こちらも、家にある古本とか同人誌とかいろいろ持っていくつもりです。

しずおか一箱古本市_TopPage - 第6回しずおか一箱古本市in駿府市、鷹の市

 

本職の古本屋さんと違って、なんとなく本を持っていって、一日だらんだらんと過ごして本のこととか、同人誌のこととか、イベントのこととか話をしていく感じなんで、こちらもよろしくお願いいたします。

文学フリマ大阪に行ってきた(一般で)

関西圏の台風の被害とか、北海道の地震とか、本当のことを言うと「この状態で行っていいものなんだろうか」という気がしないでもなかった。だけど運営さんが「やります。来てください」といっているし、何かそのへんで食べられるものを食べてくるのも(支援とは言わないけれど)消費活動としては正しいのではないかという気がするので、行ってくることにした。行き帰りの交通手段の予約も取ってあって、キャンセルしても満額戻ってくるわけではないのでね。

OMMビルは駅に直結していて(六本木ヒルズとかミッドタウンとかと同じ感じですね)、傘がなくても移動できるのはありがたい。会場は二階。エレベーターで上がる。

なかもずのときはみっしりと詰められた感じの会場で、ただ、建物の入口=会場の入口なので(静マルでいうところの正真正銘の)一般の人でも入りやすい雰囲気であったのだけれど、OMMビルは上の階に上がるっていうところと展示場フロアっていうところがハードルが上がる要因になってるかも。会場内は広くて明るいからそれはものすごくいい。

出展者数でいうと400くらいだったと思う。前情報無しで一周りできる上限数に近いと思う(500くらいからちょっと大変になる)。一般来場者用の通路が広かったり狭かったりするのは柱のレイアウトに合わせたからだと思うんだけど、あれ、もうちょっとどうにかなんなかったのかなー。もうちょっとブースが増えたときに均等な感じになるんだろうか。配置ぎめって難しいからなんか適当なことばっかり言ってますけど。

飲食ブースがないのも久しぶりな感じで、でも多分飲食ブースがない方が大半だと思うのだけれど、そのへんはあまり気にならなかったな……。自分じゃあんまり利用しないからかもしれない*1

今回は予算もないのでいつも買ったりしているところは申し訳ないのだけれど、次回以降の別のところで買うことにして、目についたところも数カ所だけにとどめた。せっかく大阪に来たんだから大阪(関西)エリア中心に見てしまうのはしかたないことかもしれない*2。某高校の文芸部のみなさんがいらしてて、なんか初々しかった。「この日のために準備しました!」と教えてくれたものがとても輝いておりました。

二時間半くらい? 三時間くらい? いて、会場から離脱。

文フリ大阪はわりといつも会場内を回っている一般来場者が多いという印象を受ける。そういうの大事にしてほしいと思う。もちろん、知ってる人にバレたくないとかそういう人がいるのはわかってるんだけど、なんというかこう、閉じてほしくないんだよな。ひところあった話で「いかにして一般来場者を増やすか」っていうのがあったけど、告知もそうだけど、間口を開けておくってやっぱ大切だよなーと思った。
あと、疑問なんですけど、いつから一般来場者向けに紙のカタログを手渡しにするのやめたんだろう。

 

最後になりましたが、事務局の皆さんお疲れ様でした。またいつか出展者側で参加したいです。出展者の皆さんも(特にお邪魔したところとか)ありがとうございました。またの機会にお会いしましょう。

*1:出展者側だとあんまり買う機会がなくて、並んでるあいだ人がいなくなるってのが嫌なのと、絶対に汚すのでそれを避けたいのです

*2:とはいっても話をしたのは顔なじみの人が多かったのだけれど

まるちゃん

さくらももこ氏が亡くなったそうだ。

 

すきかどうかと聞かれたら、あまり好きではないし、たぶんこれからもそうなんだろうけど、だからといってそんなことを簡単に言えるのもその人が生きててこそなんじゃないかなあ、と思ったのは昨夜のこと。

 

たしか、子どもには自分が作者であることを言わなかった、と聞いていて、まさか今もそんな訳はないと思うのだけど、子どもにも言えない職業なのかと(たぶん勝手に)落胆してたのだと思う。

 

訃報を知らせるブログを読んだあと、遡って読んでみたのだけどなんとなく自分が知ってる文体じゃないよなあ、と思って、実はもうずいぶん良くなかったのではないか(≒代筆で続けてたのかもしれない)とも思ったのだけどそんなの自分には関係ないことなのだろう。身内じゃないし、ただの一読者だし。

 

いやまあ、それにしても亡くなるには早い。それは家人と同じ歳だとか、家人も経験者だとか(患部は違うけど)、そういうこともあるのかもしれないけど、ずっと昔から存在を知っててこれからもそうなんだろうと思ってた、みたいなことなのかもしれない。

 

周りでは自分以上にショックを受けている人がいるのであまり余計なことは言ったりはしないのだけど。まあでもやっぱり早いよね。

ともかくお悔やみ申し上げます。ヒデキに会えるといいですな。

 

「夏祭り」発売です。

久々にダイレクトな宣伝です。

出す出すと言い続けて早幾年、重い腰をようやく持ち上げ、ようやっとうちの専属作家(というか子ども一号のことなんですけど)の第一作をAmazon Kindleで発売しました。

 

はい、どーん。

夏祭り (白黒文庫)

夏祭り (白黒文庫)

 

「夏祭り」です。

2011年の文学フリマで頒布開始して、好評いただいたものです。たしか僕が書いたものより良い、というお声もいただいたかと記憶しています。

本人に紹介文を書いてもらったので以下に引用しておきますね。

夏が嫌いだ。
ボクの人生が変わった季節でもあるけれど、
アイツの人生が変わった季節でもあるからだ。
夏が嫌いだ。
毎年暑くて、毎年五月蝿くて、毎年思い出す。
また祭囃子が聞こえてくる。
ボクらの夏はいつもそうだ。
でも、あの夏は少し違った。
ボクの人生が変わった夏でもあるけれど、
アイツの人生が変わった夏でもあるからだ。
いつもの夏と違った、これからの夏に繋がる
夏祭り。

 自分のはなんとか書けますけど、人のものの紹介って書きづらいものですね。

いわゆる青春まっただ中って感じの(ちょっと)もどかしい感じの小説です。ぶっちゃけていうと、つたないなあと思う部分はあるのですが、その頃にしか書けない文章ってあると思うので。

価格もほぼワンコインなのでさくっと手にとっていただけると思います。

もちろん、Kindle Unlimitedにも対応していますので、会員の皆様は読み放題の中にいれていただければと思います。

で、まだ3作ほどありますので順次発表していきますね。

 

なんで白黒文庫と言うかと言うと、本人のトレードマーク的にパンダ呼ばわりされてまして(愛敬のあること)、ならそこから発想してと思ってつけたのですが本人気に言ってくれてるんでしょうか。

与太話はこのくらいにして。

なにとぞよろしくお願いいたします。

ローカルメディアを創る(の話を聞く)

7/7に編集者の方から話を聞く機会を得る。前回、「本を作る講座」の小規模出版の仕事、という回を聞いて、その次も聞いてみようと思って。今回は「ローカルメディアを創る」。

話者は陰山裕樹さん。編集者、プロジェクトエディター、千十一編集室代表。最近「ローカルメディアの仕事術」「あたらしい路上のつくり方」を出版されています。自分は失礼ながら存じ上げなかったので、あまり予備知識なしで聞きに行きました。

サイトはここね。

sen-to-ichi.com

で、聞いた話(の一部)。

  • マスメディアの反対側にいる、ローカルメディア。
  • マスメディアのつくるものの縮小再生産のものはたいていつまらない。
  • そこでしかできないこと、そこでしか手に入らないもの、をつくること。→たとえば城崎温泉でしか買えない本とか。
    (で、個人的に思ったのはそれのルールをすこし緩めたのが伽鹿舎の本で、ここは取り寄せ可能だったりするんだけど、城崎温泉のものは本当に現地に行かないと買えない)
  • SNSとの相性がよいと思っている。そこから広まっていく。
  • たとえば電波系な人が寄ってきたとしても、上手く使えば面白いことになると思う。排除をしたり、自分に合う者だけ選んでしまうとそれはマスメディアのやり方と変わらない。
  • 外部の人間ならなんでも言いやすい。内部からだと言いにくいことも言える。内部からだと諍いの元にもなったりするが、外部の人間はあまりそういうことを考えな(くてもい)い。
  • だいたい、そこに行って(酒を飲みつつ)腹を割って話せば良かったりする。
  • コミュニティとコミュニティをつなぐこと。
  • 編集者は基本的に悪くいうもの。どちらかに与することはないと思う。
  • いやいややるならやめたほうがいい。好きなことを楽しくやるほうがいい。(楽しくって言うのは解釈間違えるとあれなんだけど)

 

という感じだったと思う。違ってたら申し訳ない。出てくるパンフとか読みながらだったからちょっとうろ覚えが多すぎてもったいないことをした。

べつに紙メディアにかぎったことじゃなくて、場を作ると言うことも該当するのかなと思った。自分がやっていることに結びつけるのはいいのかどうかわからないけれど、きちんとぶれないで筋を一本通しておけばいいのかな。

 

あと、数年前に参加する羽目になった地域の都市計画マスタープランの場にいたファシリテーターもそういう感じだったのかもしれない。外部の人間だから見えることってあるよね。静マルだってもしかしたら、自分が他所者だったから出来たのかもしれない。それはその後別の人と話をしたときにぼんやりと思った。出る杭は打たれるとか、まさに諍いの元とか、そういうのあるだろうしね。

何人か、静岡のローカルメディアの関係者(?)も来ていたようだった。きっとみんな思うところがあったんじゃないだろうか……。

すべての音楽が鳴りやんだあとに

とりとめなく書くことにする。公式の見解とは関係ない。

もうイベントも終わったから書いてもいいと思うんだけど、某新聞社からイベントに関する取材を受けた。記者さん個人的にも話を聞きたいし、記事にもするけれど、紙面と事件の都合で載らないこともある、という体で。そのへんはわかっていることだし、まあ、載ったらラッキーかなと思って受けた。

同じ話を何度も繰り返して(これは自分の悪い癖)、回りくどい話をして(これも自分の悪い癖)、また顔出るのかなーと思いつつ写真も撮って。

結局、むこうの都合で載らなかったようで(わりと大きい事件も続いたし、まあ、地方のちっさいイベントだし)、とはいえ、イベントガイド欄的なところには載せてもらったので、それだけでもよしとするのだった。あんまりがつがつするの好きじゃないし。

でもなんかそれで縁がなくなるのもちょっと悲しいので、なんかあったら遊びに来てほしいなあ。別にこっちに顔出してほしいとかそんなこと思わないから、ぷらっと来て楽しんでいってほしい。あと、図図しいこと言えたら、次も告知だけでも載せてもらえたらうれしいです。

イベントにおける永遠ということをちょっとだけ考える。末長く続いてほしいけれど、それに個人が介在する必要はないと思っているし、むしろ流動的であってしかるべきだと思っている。文フリだって気がついたら出店者側がだいぶ入れ替わっているし。

言い出した自分が最終的に関わらなくなったとしても(というか、それが最終的な自分の願いだ)、同じ空気がそこに漂っていればそれでいいんじゃないかと思う。

子どものころ、自分の部屋で図書館を開いたら、いろいろな人が来てくれるんじゃないかと思ったことがある。いろいろ物騒だということに気がついて、実現することはなかったけれど(でも手書きでポスター書いたりはした)、やっていることは今とそんなに変わらないんじゃないかという気がする。まあたぶんあの時はいっしょに本を読む友だちがほしかったのだろう。やることがいちいち幼くて笑うしかないのだけれど。

どうしたらイベントで一般の人が来てくれるか、というのはたぶんみんな思っていることで、でも半ば諦めているところはあるんだと思う。

なんで一般参加っていうんだろうなあって思ってて。文フリに参加しはじめたころに一般参加って本当になにも知らない一般の人、という意味だと思っていたらそうじゃなかった、みたいなところがあって、今もそういう意味なんじゃないのかって思ってて、だったらそういう人たちに訴えかけていくしかないんだよなと思うのだった。

会場をあの場所にしたのもそういうことだと思うし。

イベントも、人も、育てていかないといけないよね。

百戦錬磨の出店者の力を借りて。顔の広い、地域のちょっとした有名なひとの力を借りて。食べ物で釣って(笑)、知恵と勇気で乗り切って、イベントがどういうものかを知ってもらって、そしてなんとなく楽しみにしてもらえたらいいと思う。

本当は自分がその場所にいないほうが場が盛り上がる、ということを知っている。だから、中にいるよりは外からそれを眺めているほうが楽しい。子どものころからそうだったらしい。友だちが集団で遊んでいるところを見て、ニコニコしていたと。

今のポジションてわりとそういうところがあって、たぶん自分の参加形態としてはいちばん正しい位置にいるんだろう。

他のイベントなんかに出るときもそうなんだけど、なんつうかだんだん売れる売れないとか考えないようになってきてる。合同誌はそういうわけにいかないからたくさんお知らせしてたくさんの人に読んでもらえるようにするんだけど、自分のだけのはね。

そういうふうな方向性が正しいのかどうかはわからないし、もしかしたら他のイベントに出ることももうやめちゃって、自分が関係しているイベントだけ考えていけばいいのかもしれないし。

それにしても、会場予約、もうちょっと前からできるようにならないかなあ。そうしたらもうちょっとたくさんのところに参加してってアピールできるんじゃないかって思うんだけど。日が決まってないのに、あるので参加してください、日は確認してください、ってちょっと言いづらい。

iPhone Xにした。

機種変するまで

イベント終わって、帰宅して車から降りた時に、膝からiPhone6sが滑り落ちてアスファルトに叩きつけられた。画面バキバキ。うわー。

いちおう保護フィルム(薄いガラスのやつだけど)貼ってあるし、傷が浅いといいなあと思って剥がしてみたけど、やっぱ結構ひどい。そのあたりを手で触ると、ガラスの破片が刺さりそうでまともに使えそうになかったので、なんかもう変えちゃえ、てことでiPhone Xにした。勢いで。

本当は今年の新機種出るまで待ちたかったんだけど、この年になるとあんまり最新機種に惚れたりしなくなってきてる自分がいてですね。6sもこのまま本当にダメになるまで使い倒してもいいかなあくらいの感じだった。Apple Payも使えなくても困んないし。この時期に機種変てちょっと不本意な感じもするんだけど、ま、でもね。ザリザリする画面触って指先ピリピリするのってちょっと耐えられなかった。

なので、レビューとしては何周遅れもいいところなんだけど、出会ったときが新製品なんで。ええ。

来た。設定した。

待つこと数日、届いたので、サクッとSIM入れ替えてバックアップから戻……せなかった。 XがiOS11.4になってなくて、OSのバージョンがバックアップのものと合わないから(ようするに6sがiOS11.4になってたんですわ)無理とか表示された。なので、設定なにもせずに先にiOSのアップデート。そのあとバックアップから復元。

いくつかアプリの書き戻しが失敗してて、App Storeからダウンロード。64bit対応かなんかのせいだろうか。

そしてユーザー辞書は同期されてない。なんでや。超困るんですけど。

ツイートもしたけど、

  1. 設定の画面からiCloud Driveオフ
  2. 電源オフ(本体右のサイドボタンと、本体左の音量ボタン(上でも下でもどちらか)を同時押し)
  3. 電源オン
  4. iCloud Driveオン で雲母坂だけ復活
  5. 強制再起動(音量を上げるボタン→下げるボタンの順で押して、最後にサイドボタン長押し)

という方法で復元できた。

コンビネーションキーは覚えられないな。なんでこんなめんどくさいことにしちゃったんだか。いざという時にすぐに電源切れないのは良くないと思うんだけど。

 Apple Payも

ついでなのでApple Payの設定。メインのカードはアプリから登録できた。サブのカードはできなくて、電話かけた。平日の真昼間しか対応してないし、自動応答のアナウンスも微妙に不親切。係員は優しかったからいいけど。

モバイルSuicaはメインのカードが支払い先にできなくて、サブのカード登録してやっと登録できた。というかVISAはダメで、JCBがOKだったってことみたい。もともと持ってたSuicaのカードはバックアップにそのまま使えるように残したのだけど、それもあるんだろうか。あんまり関係ないか。

まあ、めんどくさいな。Suicaのポイント会員登録はさらに面倒そうなので諦めました。エリア外だし、そんなに使わないからね。ていうかポイントばっかいらんな。

とりあえず使ってみて 

 画面が大きいぶん、いいんだけど、なんかここまで大きいのっていらないんじゃないかっていう気もした。Plusは最初から手に持っても大きすぎるから選択肢に入れてなくて、8かXだったんだけど、物好きの血が騒ぎましたな。Xの画面に対応していないのは8相当の画面サイズで表示されると思う。まあこれくらいがちょうどいいですね。

ちょっと不便なのがコントロールセンターと通知センター。コントロールセンターは画面上部の右端を引き下ろす、通知センターは画面上部中央を引き下ろす。間違える……。下からスワイプは最前面のアプリをいったん閉じる。なので、ポケモンGOでボール投げようとするとアプリが閉じちゃう。

画面上部の通知いろいろはノッチのせいでだいぶ削られてる感じ。わかりづらい。

ここまでは慣れれば慣れちゃうだろうと思った。

画面は本当にきれい。キラキラしてる感じ。画面が今までと違うんだっけか。写真取っててもちょっと楽しい感じがする。光学2倍ズームは便利かなあ。あとはわりといままでとそのまんま。そのまんまって大事だと思う。画面がちょっと大きくなったから、片手で文字入力とか厳しくなってきてるけど、無理してもしかたないし。

あと重くなった。子供と話してて「6sが軽すぎる」という言われ、なんとなく納得。

ケースとか

裸で持つと流石に落としたときに悲惨なので、ケース、とか思って探したのだけどなんかピンとくるものがなくて、Tポイントでカバーガラスとケースのやっすいやつをもらってそれでしばらく我慢することにした。

本当はレザーで手帳型でないもので、あまりゴツゴツしてないのがほしいんだけど、なかなか思ったものがないんだよなー。純正のにするか? しばらくはどこか行くたびに見る、みたいな感じになりそう。

今のところ候補は藤巻百貨店のケース

fujimaki-select.com

か、背面にフリップがくるやつかなあ。 

背面手帳型ケース iPhoneX ブラック

背面手帳型ケース iPhoneX ブラック

 

もっとシンプルでもいい気がするけど 

 まあ、ちょっとしばらく考える。