読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。日記ともはてなダイアリーのヤツともつかないものを。

君の名は。を見た。

もうだいぶ前の話になるのだけれど、11/19くらいに「君の名は。」を見てきた。ふだん映画はほとんど見ないのだが、これは見られたらいいなあと思っていた。家族からも「いいから見なさい」と言われていたので、珍しく映画の予告くらいの情報しか持たない状態で見に行ったのだった。

動きようのない場所(=映画館)で二時間じっと見ているのは自分にとっては本当に本当に苦手なので、実はわりとがっつりネタバレサイトを見たあととかのほうが楽しめるのだけれど(たぶんかなり特殊事例)、とにかくこれはがんばってシャットアウトして見に行った。

先に見に行った子どもが「自分の見たかったのは前半だった」という話だった。なるほど、前半と後半ではかなり色合いが違って、自分は前半部分がちょっときつかったのだけれど、後半はほぼ身動きせずに見ていた。

歳の多い人が「いいから見に行け」と言っているのをよく聞くのだが、多分それは後半部分がああいう感じだからなんだろうと思う。

確かにツッコミどころもあるし、ときどきセリフもぎこちないのだけれど、なんかそれをどうこう言うのは野暮じゃないかなあと思った。「虚構世界の現実」を「現実世界の現実」と一緒くたにすんなよ、というのが自分の基本的な考え方だからなのだが(だから空想科学読本はあんまり好きじゃない)。
それらをいちいちクリアにして、全部そこに描いちゃうのが果たして正しいのかどうか。自分の中にあるいろいろと照らし合わせて空想を拡げるからいいんじゃないのか、って思った。それは最近の歌とかもそうだよなあ。

で、歌で思い出したけれど、アニメだからしかたないのかもしれないけれど、オープニングいらないよなーって思った。たぶんそれがあるから前半見ているのがつらかったのもしらん。あれのせいで壮大なプロモーションビデオ感がただよってたんじゃないだろうか、とも。

結局どうだったの、と聞かれたら、いい映画だったよ、と答える。なんていうか「ああ、よかった」と思うエンディングで本当によかった。

文学フリマの原稿をかいてる時期だったら確実に引っぱられてたよなあって思った(笑)。でもいつもみたいに1週間も2週間も引きずられたままじゃなかったのはもう自分がいいおじさんになってしまったせいと、ほんの少し物足りなかったからかもしれない。

ちなみに、増田(匿名ダイアリー)で「なんで英題が"Your name."なんだよ」って書いてるのを見たけれど、別にあれ、聞いてるわけじゃなくて、いちばん大事な、忘れちゃいけない、覚えてないといけないはずのものが「君の名」だから、"Your name."でいいんだと思うよ。

文学フリマ東京 無事終了しました

こんばんは添嶋です。

11/23文学フリマ東京に参加してきました。

参加サークルさんが増えたためか、以前のようなスカスカな感じはなくて、蒲田時代のようなみっちりでもなく、ちょうどいい感じだったんじゃないかなーと思います。

今回は15点もあったので、かなりみっちみちに置いたんですけど、棚的なものを作っていったので、見やすくはなったかな。

こんな感じでした。頭だけ見えているのは三号氏です。

お預かりした本はたくさんの方に渡ったようです。完売かそれに近いものもいくつかありました。よかった。

自分のは2年ぶり、場所的にかなりアウェイだったと思いますが、そのわりには健闘したんじゃないかなー。お手にとっていただいた皆さん、本当にありがとうございました。みなさんのお目に叶うように、これからも精進いたします。

見て回るのは今回はほとんどできなくて。さささっとまわって、差し入れを配ったりどうしても欲しかったものだけ買ったりしたくらいでした。お会いできなかったみなさんごめんなさい。

静マルに参加して下さる皆さんのところにもご挨拶に伺いたかったのですが、じぶんのところでばたばたしていると、皆さんの方から来ていただいて。本当にありがとうございました。

 

というわけで次回は文学フリマ京都、その次は静マルです!

京都は単身参加になりますが、皆さんにお会いできることを楽しみにしています。静マルは皆さんに楽しんでいただけるように頑張りますのでよろしくおねがいします!

再録集「僕らがいた」出ます

こんばんは。添嶋です。進捗どうですか?

今回は文学フリマ東京で発行する新刊のご案内です。

 

タイトルは再録集「僕らがいた」です。元ネタはオフコースです。マンガではありません。仮タイトルは「伝えたいことがあるんだ」でした。その前の仮タイトルは「添嶋寄稿集 よそで書いたやつ半分くらい」でした。ひっでえセンスだなー(笑)。
2011年くらいから2014年くらいの間に書いたものが中心です。ちゃんと小説を書き始めた頃から、2〜3年たったくらいのころのものだったような気がする。そのまま収録してもいいんだけど、気になってしかたないのでがんがん直してあります。構成は変えてないけれど、語句とか言い回しとかそう言うの。
あれからいくつも書いてますけど、ちょっとは上達したんだろうか。どうなんだろう。

 

f:id:linus_peanuts:20161114214454j:plain

 

収録作は以下の通りです。めったにやらない一言解説と合わせてどうぞ。

  • ネイビー・ブルー
    兎角毒苺團さま「トキシン」収録。毒がテーマ。硫酸銅ってきれいだけど、体には良くない。よくないって言うか毒です。あからさまにいじめられてた話。
  • ア・リトル・アルケミスト
    雲上回廊さま「ゆる本vol.19」収録。シゲンの蒐集がテーマ。友だちがいなくて寂しい男の子がガラクタを集めるうちに友達を作る話。最後のシーンはわりと気にいってる。
  • ぶらくら!—brothers of crush!—
    「ゆる本vol.20」収録。架空のゲームのノベライズがテーマ。兄弟二人で謎解きをするゲームの連載の一部、という設定のめずらしくラノベ風(あくまで風)。書いてて楽しかった。前後の関係を無視するとどうにでもなるという好例(ホントか)
  • Lonesomeness
    「ゆる本vol.22」収録。くまパジャマがテーマ。なんだっけか。だるんと書いてみたらこうなったという感じの詩。実はあまり覚えていない。
  • ずっとすきだった
    本の杜非公式企画「断片集ver.130915」収録。なんてコメントしたっけなあ。フィクションと取るか、ノンフィクションと取るかはあなた次第、みたいなことを書いたような気がする。やりたい男子と流され系男子の話。
  • あえて、風紀委員
    男一匹元気が出るディスコさま「突撃! 放課後オールスター」収録。友達ロボットを作る工場で起きたドタバタコメディ。のはず。
    書き直ししまくったら気がついたら小説になっていたという、いや、これねえ……どんだけ直してもねえ。初めて書いた小説。
  • ハイカラ墾田永年私財法
    「男一匹元気が出るディスコ」収録。へんちくりんなお題だったのだけれど、ひと枠空いてたから手を上げた。寄稿したバージョンのほうが構成に凝ってる。
    これとほぼ同じテーマで書いたやつが自分のところの「眠れない夜のために」に収録されてます。
  • 羈旅
    「逃避のための俳句誌</haiku id="02">」収録。初めて詠んだ俳句だから善し悪しの判断は避ける。賛否両論だった、らしい。これもあんまり覚えてはいない。

全部で8作品。でも「ハイカラ〜」はいくつかの詩とか文章の作品群だし、「羈旅」は俳句が10句なので、実際の作品数はもっと多いわけですね。最近気にいっている文字組で作ったら、160ページくらいになりました。まあ、なんかベスト盤みたいでいいじゃないか。
来年くらいには続編を出してそれで終わりかなあ、と思っていたけれど、どうでしょうね。

今回はライターのParsleyさんに解説を書いていただきました。うれしい。Parsleyさんはウエブ媒体のいろいろなところで記事を書いていて(すごい)、男子添嶋ファンという言葉を作った人(たぶん)。僕はふだん人に褒めて褒めてと言わないので、たまによく言ってもらうと照れまくって体がぐんにゃりしています。

というわけで、

再録集「僕らがいた」本文164ページ、文庫判、800円。
第23回文学フリマ東京 G-13でお待ちしています。

 

第23回文学フリマ東京 頒布品のご案内

こんばんは。添嶋です。インフルエンザが流行ってるそうです。イベントまであまり日がないので、皆様お風邪など召されませぬよう。

さて。今回は自分のところの頒布品のご案内です。地味に文フリ初売りがいっぱいありますぞ。それではいってみましょうか。

  • 再録集「僕らがいた」
    新刊です。他のサークルさんのアンソロジーに寄稿したものの中から8作収録しています。だいぶ手を入れてあります(そのわりにはあんまり変わったように見えないのは気のせいです)。c.bunfree.net
  • 掌編小説集「素直になれなくて」
    zine展 in Beppuでの新刊です。短編小説の集いに描いたものプラス1。

    c.bunfree.net

  • 短文集「つけもの」
    これもzine展 in Beppuでの新刊。にゃんしーさん(from おとそ大学パブリッシング)につけていただいたタイトルから連想して書いたもの。漬物をひたすら食べている話。

    c.bunfree.net

  • 午前零時のカンパネルラ
    ポエケットの新刊。あちこちに書き散らしたものをまとめたものです。某惑星に放流したものも入れました。

    c.bunfree.net

  • 君に近づく12の方法
    写真家カズキヒロさんとの共著第一弾。写真から連想した言葉。少し優しくて、少し切ない。

    c.bunfree.net

  • night flight
    写真家カズキヒロさんとの共著第二弾。SFぽいのもあったり、切なかったり悲しかったり。

    c.bunfree.net

あとは、在庫が数冊になっているものを持っていきます。

  • インスタントリプレイ
  • input selector(第二号)

それと、三号氏イラストのポストカードがだいぶあるので、これも配布します。2枚1組。もらってってね。

静マルブースではイベントチラシ配布と、ポストカードギャザリングの申し込み受付と0回作品の配布、運営メンバーの徒川さん所属のアンソロ頒布があります。

東京流通センター第二展示場、1階G−13、14でお待ちしています。

それでは、よろしくお願いします。

第23回文学フリマ東京 受託品のご案内

こんにちは。添嶋です。風邪引いたっぽいです。

さて、久しぶりに出展する文学フリマ東京、せっかくなので何人かの方の本をお預かりすることになりました。
机の上にたくさんアイテムがないと落ち着かないタイプの出展者です。

 

山本清風(from 文芸結社猫)さま

  • ヌマージュ

    c.bunfree.net

  • 私はあなたに触れたいという欲求が私はあなたに触れられないという禁則から逆説的に生まれていることを知ったとき、私はあなたに生かされていると感じる。 【イカサレ】

    c.bunfree.net

  • 夜の信号が何処までも青なら。

    c.bunfree.net

  • 菌 くさびら

    c.bunfree.net

宇野寧湖(from ヤミークラブ)さま

嘘つきコルニクス編集委員会さま


気がついたらけっこうな点数になっていることが判明して(笑)、いろいろ盛りだくさんのブースになりそうですけど、ぜひお立ち寄りください。立ち読みも歓迎ですので。

 

第23回文学フリマ東京出ます

こんにちは。添嶋です。やっと秋らしくなってきましたかね。

 

さて、また告知です(どストレート)。

11/23、東京流通センターで開催される、第23回文学フリマ東京に出展します。2年ぶり?もうちょっと? でしょうか。とにかく久しぶりに出ます。

 

場所はG-13です静岡文学マルシェがG-14です。隣。ひと続きなので、なんかうまいことやろうと思います。向こうのことは向こうのブログで。

 

今回は、zine展 in Beppu3に出した本3つと、新刊。ていうか今年だけで(2-3ヶ月で)4冊とか多過ぎだろ……。そんなに数作ってないのでお早めに。

それと、いくつかお預かりして頒布するものがあります。いま予定してるのでお二方。もうお一方、置きますよ、って言ったけどちゃんと確認しないと。わりと盛りだくさんで。

 

カタログ情報はこちらから。お預かりする本も出来るだけ載せます。

c.bunfree.net

 

新刊は今まであちこちからお誘いいただき寄稿したものの中からいくつかをまとめたものを出します。わりと早い時期のやつが中心。

とは言っても、直したいところや読み返すと意味のわからないところがたくさんあるので(よくこんなので出したなお前)、ごりごり改稿しております。

タイトルはまだ決めてません……すみません……Looking backとか回顧録とかそんな名前になりそうです。

一瞬、Don't look back in anger とかそんなのにしようかと思いましたが、別に怒ってないもんなー……

そんなわけで、詳細、表紙は次報を待たれよ。

 

というわけで、何卒宜しくお願い致します。

 

追伸。文フリ京都も出るらしいです。1/22。

掌編小説集「素直になれなくて」ほか

みなさんこんにちは。添嶋です。今回も宣伝(ど直球再び)。

zine展 in Beppu合わせで本を2冊、作りました。ちゃんと印刷屋さんから送られてきて、ちゃんと別府に届けば皆さんにお披露目です。

 

f:id:linus_peanuts:20160927111448j:image

掌編小説集「素直になれなくて」A6 98ページ、500円。

これは、短編小説の集いに参加したときに書いたもののまとめです。多少手を入れてます。

ほぼ参加した月の順ですが、ヤマウチヤマナカのは後ろにまとめてあります。で、noteに掲載したのもおまけで入れてあります。

果たして上達しているのかどうか、まったくわかりませんが。5000字いかない話ばっかなのでたぶん読みやすいと思う。

以下、紹介文として載せてもらったもの。

はてなブログで定期的に開催されている「短編小説の集い」に投稿した作品を一冊にまとめたもの。SF風味な話から、学生時代に自分は経験しなかったけれどありそうだよねという話、いまの自分にも起きそうな話まで、全部で9篇収録しています。

目次と内容
・「ライカ・ケイム・バック」
 お題は「猫」。猫なのに名前がライカです。飼い主と宇宙が大好きなライカ。気がつくと宇宙に送りこまれていました……。

・「素直になれなくて」(初出時「Hard to say I'm sorry」より改題)
 お題は「未来」。中学の担任の送別会を兼ねた同窓会に参加して、久しぶりに幼なじみと話をする。二人は秘めた過去と思いに決着をつけられるのだろうか。

・「カエルくん」 お題は「緑」。
 いつも緑色の服を着ている、カエルっぽい顔のカエルくん。ある日、とてもかわいい女の子に恋をしてしまいました。

・「天気予報」 お題は「雨」。
 この街では天候は人の手で管理されており、一年の予定が組まれているのですが、最近は予定変更が相次いでいるようです。

・「逆向き列車」 お題は「旅」。
 仕事とかいろいろ嫌になっている朝、会社の最寄り駅で電車を降りずにどこかに行ってしまおうか迷っている。

・「リ・インカーネイション」 お題は「魚」。
 男は、彼女のことをとても大切に思っていたのですが、気がついたら魚に生まれ変わっていました。

・「春にして君を」(初出時「願い桜」より改題) お題は「桜の季節」。
 この学校には古くから、毎年一人だけ桜に願いを叶えてもらえる、という伝説がある。

・「きみのようになれない」 お題は「祭り」。
 友達に誘われて揃いの甚平で祭りにでかけた。女子に後ろ姿を間違われ。

・「甘いチョコよりも、」 書きおろし。
 バレンタインデー、2つだけ、誰からもらったのかわからないチョコがあった。

 

2冊目、短文集「つけもの」。A6 28ページ(30ページかも)200円。

表紙は文字だけなんで割愛。クラフト紙に文字。素朴。

前にツイッターで、にゃんしーさんに作ったらいいと思う本のタイトル、だかなんだかでつけてもらったのを本当に作りました、みたいな出自。文章自体はnoteにあるやつのまとめです。これも手を入れてます。

題材がお漬物なので、食にまつわる話ですね。ナスとかミョウガとか、きゅうりとか、たくあんとか。食べたいから買ってきた、とか作ってみた、みたいな。

読んでるうちにお腹が空いてくるといいなあと思います。

 

これと、午前零時のカンパネルラを配ります。別府だけの太っ腹企画な。ポエケットで頒布したやつと同じです。書きなぐった詩とか言葉のまとめ。コピー本。

 

こんな布陣で別府に臨みます。文学フリマ東京でも頒布しますけど、お近くのかた、旅行がてら訪れたかたは別府で買ってくださいね(ど直球)。