読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。日記ともはてなダイアリーのヤツともつかないものを。

同窓会通知

仕事を終え、帰宅するとポストに往復はがきがあった。差出人は小、中の同級生だ。

進学、就職、その他で何度も住所を変えてはいたが、特に誰にも転居先を知らせてはいなかった。少なくともその必要はなかった。はずだった。

こんな字だっただろうか、と思いながら、手書きの宛先を見る。

誰から住所を教わったんだろう。

もともとは卒業時に幹事を押しつけられていたはずだった。もちろん、同窓会を開く気なんかない。特に会いたいとも思わなかった。両親は転居するたびに「転居先を知らせておかないと」と言ってきたが、その必要は感じなかった。

理由は特にない。特にないというか、思い出したくもない。

だが、裏面にある幹事の名前を見て、誰のことか少しずつ思い出す。記憶に開いた小さな穴から、次々となにかが出てくる。たいていは嫌なことばかりだ。いいことなんかあった覚えがない。当たり前だ。いいことなんかなかった。君たち、僕のことを酷く嫌がっていたじゃないですか。何をいまさら。

名簿を見て機械的に出しただけだろうから、誰がどうとか、思うこともなかったはずだ。よくある話だが、おそらくはこちらのことなんか覚えてもいないだろう。

「卒業後30年たちました。そろそろみんなで一度集まりませんか」

好きにすればいいんじゃないでしょうか。集まりたいのなら。
自分には、少なくとも用はないですし。

必要はないのだが、住所の出所が知りたくて、実家にメールを出す。明らかにイライラしている。

誰か、住所教えた?

答えはすぐに帰ってくる。下の兄弟の友人の兄弟が自分の同級生だった、そこから幹事の連中に連絡が行ったらしい。そりゃしかたない。そりゃ、どうしようもない。

もちろん、下の兄弟に悪気はない。彼は彼で充実した人生を送っているし、古くからの友人を大切にしている。その流れでいけば住所を誰かに教えるのはたぶんさもないことだったのだろう。プライバシーがどうのとか、野暮でどうでもいいことだった。

返事を出したときと出さなかったときのことを考える。明らかに出したときのほうが面倒な気がした。連絡がこれ以上来るとは思わない。思わないが、知られているということがどうも嫌でしかたなかった。

ならば郵便代がもったいなくても、無反応でいたほうが自分は気が楽だと思う。なんなら死んだと思ってくれたほうがまだましだとさえ思う。

しばらくハガキを見ていたが「死んでしまうとはなさけない」とだけ心の中でつぶやいて、雑紙をまとめる箱の中に捨てた。

 

 

という書きかけの文章を見つけたので公開しておく。わりと地元には愛着はなくて、好きか嫌いかと言えば嫌いではないのだけど、もう深く関わり合いになることはないだろうと思う。

冷静に考えて、少しでも会いたいかもなあと思う人はたぶん会には出てこないだろうし、出てきそうな人はおそらく学生時代にも関わりがなかった人だろうし。

根に持つということではなくて、かつて不快に思っていた人間が目の前に出ていって、思い出さなくてもいいことを思い出して不快にさせる必要はない。それだけのことだ。

 

(とここまで書いといてあれだけど、実家に帰るのにもお金もかかるし、体力も使うし、なにより盆に休みなんか取れるか、ってだけという話もある。そうまでして出なきゃいけないようなものでもないし。だったら子どもの学校のPTAの集まりとかのほうが有意義だよ)

静岡文学マルシェ、ありがとうございました。

みなさんこんにちは。添嶋です。

6/19 静岡文学マルシェ無事閉会いたしました。ご参加いただいたみなさん、突然手伝えと言われ手伝ってくださったみなさん、本当にありがとうございました。

お披露目ということで、実は第0回って(大々的には言ってなかったけどそうなんです)ことで、すべてが手探りだったわけなんですが、チラシベースでは約100名、直接出店の方除いて約90名の方にお越しいただきました。すごいじゃん!

 

さて、個人的なまとめとか感想とか。

  • 実はそんなに人が来ないんだろうなあと思っていた
  • いろんな人に手伝うよ、と言ってもらい、ご厚意にあまえることにした
  • 委託コーナーの買い方はもうちょっとなんとかしたい
  • まさかの入場待機列形成
  • 開始からしばらくは店内がぱんぱんで冷房が効かないくらいだった
  • なので汗吹きまくり
  • カフェ営業も忙しかったそうです。
  • 自分も書いてるんです!という人がいらしてて、なんか熱かったな
  • 通りがかり、という方もいた
  • 委託見本はいろいろなひとがいろいろな本を手にとってくれてました。今回あんまりでなかったな、という方も、実は手にとってもらえてるんです。
  • ポストカードギャザリングはわりとおもしろがってもらえた

次回に向けて。本当はいろいろ頭ではやらないといけないなーと思うことはあったのですが、出来てないことがおおいですね。例えば、

  • 委託コーナーの見せ方、販売方法
  • ポストカードギャザリングの説明不足かつコーナーを目立たせること
  • 全体の宣伝とか

言いだしたらキリがないのですが。

カフェでの開催ということで、いろいろ制約がある中でやったので、飾りつけも抑えていたらこんな感じだった、ということなのですが、ま、でももうちょっとわかりやすくできたよなーとは思いました。

なんかここのところ、文芸イベントやると棚を作るところからみんな始めてておもしろいんですけど、どこもそうだと思うんですが、テーブルの上に拡げるにはスペースが足らないんですね。ていうことは高さを確保するしかないんですな。幸い、今回は壁がまるまる空いていたのでそこを利用したんですけど、次回は次回でまた考えないとダメだろうなあ。

委託コーナーも一言説明が出来るようにしておくといいかなーとか思いました。内容がわかりやすいと手にとりやすいんじゃないかなあ。今回はとにかく一回目だったので、すべてが新刊、と言ってもいいくらいだったと思うんですが、だからこそ、フラッと入ってきてくれた方にもわかるようにしたいと思いました。

さて。
次回は2017年2月12日予定です。場所はカフェではなく、近くのホールを借りるつもりです。なので、50サークルくらいを予定しています。まだ配置もなにも考えてないので、確定ではないですけど。
今回みたいに、こちらからはあれこれ提示しない(というかできない)ですが、みんなでニコニコしつつ過ごせるような雰囲気はつなげていきたいと思います。カフェのあれこれも出してもらうようにお願いするつもりです。

募集開始は9月から10月くらいの予定です。詳しくは公式サイトや、FacebookTwitterの広報アカウントでの発表をお待ちください。

 

残りはおまけなんで折り畳んでおきます。

続きを読む

6/12 第2回文学フリマ金沢があります

皆さんこんばんは。添嶋です。

今週末は第二回文学フリマ金沢があります。

第二回文学フリマ金沢 出店者(サークル)リスト - 文学フリマWebカタログ+エントリー

 

今回は出展はしていないのですが、二つほど。
北陸アンソロジー+7's Libraryさんの「北陸アンソロジー『ホクリクマンダラ』」に寄稿しています。

「青い光をつなぐと星座になる気がした」というタイトルだったと思います……(ダメすぎ)。
大学サークルのみんなで、岩瀬浜までホタルイカを見にいこうと言う話。それ以上のなにかがあるわけではないのですが、青春の1ページってやつ?

いろんなかたが参加しています。皆さんすごい方ばかりなのですが、添嶋も末席を汚しております。どうぞよろしくお願いいたします。

c.bunfree.net

c.bunfree.net

あと、同じブースで「インスタントリプレイ」もおいてもらってます。こちらは添嶋の個人誌で、金沢を舞台に、今はもうなくなってしまったり、まだ合ったりする場所で起きる、ほんのささいな出来事を綴ったものです。まあ、いつもの感じで。こちらも良かったら手にとっていただければ。

c.bunfree.net

6/12 11:00から16:30まで、金沢市武蔵 ITビジネスプラザ武蔵5F・6Fにて。エムザの入り口ではなくて、裏側の通りからお入りくださいませ。

6/19は静岡文学マルシェです

みなさんこんにちは。添嶋です。

 
6/19は静岡文学マルシェです。覚えていますか?
今回はお披露目という感じで、直接参加スペースも8と少ないですが、委託参加で50アイテムありますし、何人か作者の方もいらっしゃるとのことですので、手探りですけど、良いイベントになるといいなぁと思っています。
 
参加者の方々のご紹介をさらっと。
ポストカードギャザリングのみ参加の方

togetter.com

委託参加の方(ポストカードギャザリング参加の方もいらっしゃいますよ)

togetter.com

まだまだ紹介中の直接参加の方(こちらもポストカードギャザリング参加の方がいらっしゃいます)

togetter.com

そんなわけで、お近くの方、なんかイベントないかなーという方、お散歩がてらいらしてください。
よろしくお願いします!
 
全参加者リストはこちらからどうぞ。
 

前日6/18 19:30からは前夜祭 しぞーかおでんde文学談義をやります。こちらもよろしくお願いします。
 

文学フリマにお邪魔してきました。

こんにちは。添嶋です。

 

5/1に開催された文学フリマ、お邪魔してきました。
前回までは第二展示場で2フロア開催だったのですが、今回は第一展示場で久々の1フロア開催。次回はまた第二展示場のほうなのかな。個人的には1フロアのほうが見通しがよくて行き来しやすいかなと思うので、会場の都合があると思いますけど、1フロアでやってほしいなあと思います。

さて、今回の主目的は静岡文学マルシェに参加してくださる皆さんへのご挨拶。できたチラシをお渡ししつつ、差し入れをお渡ししつつ。いかんせん未経験の運営ですので、なにかあったらがんがんツッコミしてください。とお願いをしてきました。

あと個人的にチラシをお渡ししたりとか。

前回のエントリーで50くらいサークルをチェックしたのですが、実際はその半分も回れてなくてですね。まあ、滞在時間の半分は文フリガイドの売り子やったりとか、ご挨拶回りとか、あとは文フリの代表望月さんにご挨拶をしたりとか、そんな感じで営業活動が多かったわけなんですけど、エントリ書くのにチェックしたのが70くらいなんで、回りきれないのはもうほんとすみません。

で、文フリ代表望月さんにご挨拶したのは、静岡文学マルシェが「文フリリスペクト」なイベントだということが大きくて(そう言えば「そんなイベントは初めてだ」といわれた。そんなもんなのか)、そうなると当然ご挨拶のひとつもしてスジは通しておかないと行けないでしょ、ということだったんですね。
いろいろお話を聞かせていただいて、どういうふうに続けていくか、みたいなことももうちょっと考えないといけないのかなーと思いました。

 

さて、次回は11/23だそうです。勤労感謝の日

空想少年はテキストデータの夢を見るか?、久々に出ます!
縮小運転は続きますが、たまにはなにをしてるところか見てもらわないとね。
6月以降、自家通販は在庫管理も兼ねてちょっとおやすみしますが(Amazonはまだまだ在庫あります)、そのぶん、文フリ東京で見ていただければと思います。静岡文学マルシェもブース出そうかなと思っています。

新刊はまだ未定です(今のところは既刊のみの参加の予定です)

そんなわけで、よろしくお願いします!

第22回文学フリマ東京、極私的サークルガイド。

皆さんこんばんは。添嶋です。

5/1は東京流通センター文学フリマ東京が開催されます。僕は今回も出展はないのですが、間接的に参加しています。それもふくめて、毎度お馴染み「なんか気になるんだけどどんなもんでしょ」的ガイド……というかリストを……お送りします。
なんの参考にもならないかも知れないですけど、なんかの目安になれば。

 

文学フリマに行くには

東京モノレール流通センター駅で下車。空港快速では止まりませんので、注意を。

改札抜けたらそこは会場。コンビニとタリーズを横目に見つつ、正面玄関からはいり、左手のエスカレーターで二階に上がるとそこは会場。

入場時にはカタログをもらいましょう。サークルチェックができます。

見本誌コーナーで実物をみることもできます。たぶん新刊がずらり。ピピピッと来たら、迷わずそのブースに行くのです。「見本誌コーナーで見てきました!」と言うとみんな喜びます(たぶん)。

 

まずは参加しているものを

  • 嘘つきコルニクス編集委員会(ク-40)
    添嶋がなぜか小説で参加している「嘘つきコルニクス」。自身最長の文章量で「嘘」をテーマにいつものような話を書いています。刊行自体は9月ですが、その予告編を配布しています。ぜひもらってってください。

    c.bunfree.net

 

ガイドとか、各イベントの案内とか

  • 文学フリマガイドブック編集委員会(オ-01〜02)
    言わずとしれた、文フリガイド。とりあえずこれを買ってめぐるのがいいと思います。皆さんの文芸同人誌ライフの羅針盤に。
  • Text-Revolutions準備会(ツ-39)
    年に二回開催される、比較的規模の小さい(でもやることはでっかい)総合文芸イベント。公式アンソロジーは驚きの作品数です。

尼崎文学だらけに関しては、おとそ大学パブリッシングさんへ。
静岡文学マルシェは……すみません、ブースがないので、添嶋を探してください(オイオイ)。

 

なんだかBLとかブロマンスとか

BLっていうとなんだかちょっとあれ、な感じもしますが、ブロマンスというとなんとなくしっくりくるんじゃないか、と思っているんですが、最近のBL界隈は性的なことからは切り離された部分で成立しているものが増えてんのかなーという感触。とは言っても、読んでみないとわかんないですけどね。

  • おとそ大学パブリッシング(ア-29)
    「ともだちの国」はもうちょっと深いところまで踏み込んでいるのかな。これは読んでみたいのでチェックしています。

c.bunfree.net

  • cieliste(オ-21)
    「よくないおしらせ」のつづき。ブラコンの男子とか、BL的ですな。

c.bunfree.net

  • hydra / blue(コ-44)
    三部作「blue」の第一部。ここに書いてある紹介を読むだけで勝手にぎゅっとくるものがあります。どうせなら三部作まとめて揃えるのがいいのかなー

c.bunfree.net

  • 空席(サ-03)
    男子高校生の屈折率について、というサークル紹介。前も気になってたんだけど。というか、ここのくくりに入れたら怒られるかもしれない(ごめんなさい)
  • 庫内灯(ス-15)
    BL句誌。確か新聞にも紹介されたので、ご存知のかたもいらっしゃるかも。俳句とか短歌とかとBLって親和性高いと思うんだよなあ。第二号のフライヤーを配布しているとのことなので、こちらもチェック。

c.bunfree.net

  • 稀人舎(タ-17〜18)
    「僕たちはおなかがすく」という詩集。表紙がヤバいです。手の甲の血管とか。

c.bunfree.net

 

(写真)詩集とか

自分も一冊作りましたけど、写真詩集、良いですよね。僕は大好きです。他、詩のサークルさんをいくつか。

  • おがわさとし雑貨店+夜間飛行惑星(ス-18)
    制作過程(?)をTwitterで実況していらして、ちょっとこれは手にとってみないと、と思っています。

c.bunfree.net

  • 月待者-つきまてば-(セ-23) 詩+写真+イラストのA6詩画集
  • ニセアカシア発行所(セ-24) 写真と言葉の同人誌「ニセアカシア
  • 詩小説文庫(サ-08) 初出展だそうです。水の中に浮かんでいるような言葉。
  • 26時(シ-31) 詩誌。

  • こんぺき出版(シ-43〜44) zine展 in Beppuでお世話になっている豆塚さん。東京初出展だそうです。

    c.bunfree.net

  • 6mg(ス-05)

    c.bunfree.net

 

定番中の定番。迷ったらここを回るのだ!

定番というか、極私的、というだけあって何度かお話をさせていただいている方中心です(一方的に御慕い申し上げている方もいるんですけど)。なので、お名前と気になる新館があればそれのリンクだけでごめんね。

  • 少年憧憬社(ア-09)
  • 犬尾春陽(ア-10)
    二つまとめてご紹介。なぜかって言うと、この共著があるから。猫。
    c.bunfree.net
  • 日表造形社(ア-40)

    c.bunfree.net

  • 元カノを誤訳(イ-02) 前日まで舞台をやっていらっしゃるとか。あと、今回も表紙デザインいいなあ。

    c.bunfree.net

  • おとといあさって(オ-33) 特殊装丁マニアの方はぜひ。

    c.bunfree.net

  • 雲上回廊(オ-03〜04) そえさんの新刊!

    c.bunfree.net

  • 眠る犬小屋(カ-13) ふみちゃんかわいいよふみちゃん。

    c.bunfree.net

  • 文芸誌「窓辺」(ケ-02) 安定の読みごたえを。

    c.bunfree.net

  • cahiers(セ-16)

    c.bunfree.net

  • 城東ぱらどっくす(ソ-03) 自費出版体験記は文フリ参加者のマストアイテムです。
  • そよ風文芸食堂(ソ-26) これぞ同人誌。誌上旅行記を。

    c.bunfree.net

その他気になるところ

これもただのリストですが。ざっくりひとことつき。それではいってみようー。

  • かえってきた青い花(ア-13) 青い花がテーマのアンソロジー
  • 小鳥籠(ア-31) 都市を生きることは試練です
  • 酔っ払いバタフライ(仮) (イ-07〜08) グランジ系現役精神科看護師の擁するシュルレアリスティックサークル
  • 羊網膜傾式会社(イ-09) 羊、文豪リミックス
  • とぎれない、いつか(イ-32) 男子高校生/幼馴染/茶道部+剣道部/共犯者/似てない兄弟/短編作品集/詩集
  • トラウマガジン(イ-41) 生きる理由、とは
  • よしなに動物園(ウ-27) 今回は「冬」がテーマのアンソロジー
  • トラブルメーカー(ウ-28) なんてことのない日常
  • HPJ製作工房(エ-22) SFっぽいものたくさん。無配もたくさん。
  • 透明な寂しさ(カ-19) 鉱物幻想。鉱物!
  • 幻想銀座+magari studio(カ-43) ファンタジー小説
  • 梟流(コ-10) 青春と怪談
  • 絶望系青春同盟(コ-12) 「制服探偵」という本
  • 恋人と時限爆弾(コ-25) 百合とBLとミステリー
  • デュアルパトローネ(ソ-43) カメラですね。PENTAX Qのことも
  • 廃墟探検部(タ-01〜02) 廃墟廃墟廃墟!
  • 想像と言葉(チ-25) 米光さんの言葉と想像力で遊ぶ(?)パーティーゲーム
  • Shiny Books(ツ-13〜14) アバンギャルドでいこうはマジアバンギャルド
  • 詩先(ツ-24) 音楽を言葉から楽しむ。
  • メルプのお部屋(ツ-30) 文具を紹介する本。
  • 昭和のひとびと(ツ-33) ……という一人サークルなんだそうです。「東京おば散歩」
  • 波間のかけひき(ツ-43) いろいろなフォントを作っています、って気になりません?

この他にも全部で725サークルが出展します。以下のサイトからチェックしてみることをおすすめします。

第二十二回文学フリマ東京 出店者(サークル)リスト - 文学フリマWebカタログ+エントリー

 

文章を書くのは苦手です。

こんにちは。添嶋です。

表題について。
苦手です。公的なやつとか、会社の書類とか、感想文とか、そういうの全部。自分で考えて書くとたいていろくなことにならない。
なので、前例を必死に探して、それに倣って書くしかないのですが、まあ、酷いもんです。

中学生のとき、15分で書いた「私の主張」的な作文がなんだか知らないあいだに代表にされて、みんなの前で読むことになったときのこと。
当然書き直しはさせられるわけですよ。15分で書いたものだから内容だってひどいし、書きなぐりだから要旨ぐっしゃぐしゃだし。
先生がこういうの、って赤で書いてた見本を取り入れつつ、書くと自分の書いたところだけ直される。で、また取り入れつつ書く。また自分の書いたところだけ直される。
最終的に自分オリジナルなんか最初の数行と最後の一言くらいになった。賞はとれなかったけど、なんとなくほっとした。

高校生の時は送辞を読む羽目になって、やっぱり自分で一回書けって言われて書かされたのだけど、戻ってきたのは全然別の文章だった。
卒業して、学校の卒業生より的なメッセージも書かされたけど、あれはもうちょっと自分の文章が残ってたかな。

で、だいたい「添嶋は作文が下手」と言われるんだけど、だから下手だって言ってるじゃん!みたいなことになる。
ひどいのしか書けないよ、って言ってるのに書けって言うから書いたんじゃん。
……という。

大学のレポートと、最初の会社の報告書と次の会社の報告書を経て、ちょっとだけなんとかなってきたけど、でもやっぱり苦手です。

今、PTAの役員で挨拶とか、お便りに載せる文章とか、書かされるんですが、やっぱり苦手で、ぐっしゃぐしゃで、酷いものしか書けない。話すほうは短いのが正義だと思ってるので、なんとかごまかしてるんだけど。
でも最大のピンチがきている。
それは卒業式のPTA役員の挨拶と、その次の入学式の挨拶。原稿を書かないと噛んだり詰まったりできないので、文章を書かないといけない。
うっかりなこと言えないし、校長先生とかぶっちゃダメだし、前年の原稿はもらったけど、全く同じってわけにはいかないし。
どうするかなあ……とりあえず自宅のパソコンのエディタ画面は真っ白です。