空想少年通信

「空想少年はテキストデータの夢を見るか?」の人のつれづれブログ。日記ともはてなダイアリーのヤツともつかないものを。

新聞に載った話

静マルの宣伝も兼ねて、運営委員会のミーティングの様子が某地方新聞に乗ったのは静マルの開催3日くらい前。イベントを開催するのに人が来なきゃどうしようもないっていうのもあって、新聞社の記者さんに取材に来てもらって、紹介してもらうことができた。幸いにして新聞を見てイベントに来たという人もいたので、一定の効果はあったと思う。

その時は本名ではなくハンドルというかペンネームで出してもらった。しかも注釈なしで。ナチュラルにペンネームで出ている、と驚かれた。そりゃそうだ。
で、それの取材のときに、あとで人紹介欄にも、と言われていたのだった。新聞の人紹介欄てなんかすごいことやった人ばっかり出てるじゃないですか。自分なんか別に大したことやってなくて、単にイベント一回やっただけで代表でもなく、いうだけ星人卒業、あんたやればできる子!みたいな状態だったので、本当に自分でいいのか、もしかしたら他の人に出てもらったほうがいいんじゃないの、と思いつつ、イベントの宣伝になるならあんまり形振り構ってらんないよなあっていう感じで出ることにしたのだ。

今度は本名で。そのほうが説明がめんどくさくなくていいじゃないですか。あれはあれ、これはこれ、って感じで。

で、載りました。だいたい予想の範囲内の反応で、内容について言われたのは数人だけかな。

ちなみに、内容は自分の話というよりかは、ほぼ運営委員会の総意としての話でした。なので顔出し担当として出たという性格が強いんだけど、でもそんなことわかんないよね、見てる人は。イベントに関して一箇所だけ自分の意見が入ってるけど、まあ、それは長期的目標って感じで。

面白かったのは勝手にラミネート加工した記事のコピーが送られてきたこと(どうもどこか別ルートで知人が話をして取り寄せてくれたらしい)と、小学校のPTA関係の人からメールで見ましたよ!と来たこと(笑)。それと一番盛り上がったのは実は会社の人だった、という話。なんか、Amazonで検索したとかいう話をちらっと聞いたのだけれど、だからって無理に買うようなことしなくていいよ、と思う(実際に売上報告は上がってなかったから、これは杞憂ですんだけど)。

あ、でもあれか、もしかして次からイベントに参加しやすくなったりする?(笑) ともかく、面白い体験ではあったなあ。